31番目のお妃様2巻8話の感想

ゴタゴタしてきました~。

今までもゴタゴタしてましたけどもw

本格的にフェリアを追い出そうとする動きがありまして。

意外な味方が増えたりw

【2020年10月26日 記】

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは31番目のお妃様2巻8話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

31番目のお妃様 2

31番目のお妃様 2

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

8話は7話の最後の続きからではなく、マクロンの様子から始まります。

31番邸から煙が出ているのを見て、フェリアを心配して駆け出すマクロン。

ビンズが追いかけますが、マクロンは、異変時に真っ先に向かうのが王の務めだと言って、先陣を切ります。

門を蹴破ると、騎士が侵入者を倒していました。

目だけで会話w

そしてマクロンは、フェリアを見つけます。

ちょうど、侵入者2人に追い詰められているところです。

ここから7話の最後のシーンからの続きとなります。

フェリアのセリフは、マクロンも心の中で思ってた事だったんですね~(ニヤニヤ)

もちろん、誰かが言った7話の最後のセリフは、マクロンでした。

フェリアに背にかばい、構えます。

侵入者の背後には、ビンズが。

侵入者3人と見張りの女1人をつかまえました。

安心したフェリアは、倒れます。

フェリアは2番目の妃のところで休む事に。

なんと、2番目の妃は、フェリアの盾になるって申し出たそうで。

フェリアとマクロンの仲を、いじるビンズw

マクロンに蹴られてしまいますww

その様子を見て笑う2番目の妃と侍女たち。

平和ですw

フェリアが目を覚まします。

キュリーに教育するって言われたので、パニックになってます。

確かに、急展開ですからw

夢だと思ったフェリアが両頬を叩くコマがあるんですけども。

ぷくって腫れてしまっていて、かわいいですw

フェリアは侍女たちに身支度を整えられてしまうんですが・・・

全てマクロンに報告されるっていうw

肌の質感とか、ほくろの位置とか。

鎖骨の流線!?w

フェリアがメモをしている侍女にお湯を掛けて止めますw

結局、寝顔の報告だけとなったそうで。

恥ずかしがるフェリアがかわいいです。

キュリーは、本気なようで、ちょっと冗談っぽい感じもあり。

2人は笑い合います。

友情が芽生えた様子。

キュリーがフェリアの夜会のための準備を進める事に。

侍女の失敗により、女官長の立場が悪くなります。

女官長は、フェリアのせいだと思ってますけども・・・

逆恨み!ww

また懲りずに、何かを仕掛けるようです。

やめといた方がいいのにw

31番邸は、焼けてしまいました。

ケイト達は、怒ります。

ミミリー達の指示とは思えないと考えるビンズ。

とらえた侍女と侵入者を尋問します。

女官長は、任意で事情聴取って感じでしょうか。

侍女に罪を全部なすりつけようとしていますね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

31番目のお妃様2巻8話の感想や結末のネタバレが続きます

けれど、無理だと分かった女官長は、サブリナの名前を出します。

侍女は・・・

壊れてしまいました。

ちょっと気の毒。

マクロンは、女官長が31番目の妃の世話をしなかった事などを責めます。

女官長は、主は王様であると繰り返し言っていて・・・怖い!w

女官長が、マクロンとサブリナの間で、板挟み状態となってますけども。

ややこしい!

マクロンが積極的に動いている事に、あきれるビンズw

夜会ではマクロンの言動に対して、表情を変えずに見守っていろと命じられてしまいます。

ビンズが頭を抱えたところで8話終わり。

マクロンはどうするつもりなのでしょうか。

続きが楽しみです!

>>31番目のお妃様2巻9話の感想

>>31番目のお妃様2巻7話の感想

【2020年10月26日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました