僕らは恋がヘタすぎる7話の感想

7話のタイトルが『仲直り』ということで。

表紙を飾っているのは、成田と歩。

成田がゲームのコントローラーを持っています。

歩が笑顔で成田と同じ方向を見てます。

楽しく遊んでる様子。

この2人は仲良しだから!w

問題は、花とみずき。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは僕らは恋がヘタすぎる最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

成田が帰ろうとすると、花が抱きつきます。

何か言いたそうな表情で成田を見上げる花。

いったん離れたけれど、今度は成田が花を抱き寄せました。

そしてぎゅっと強く抱き締めます。

特に2人の会話がありません。

しかし、態度で示しています(ニヤニヤ)

きっと花が抱きついたのは、不安からなんだろうなと感じたんでしょうね。

成田は花を抱き寄せた後、耳やおでこにそっとキス。

まだ花は返事してないんですけど。

口じゃなかったらオッケーなんですね!?w

みずきと連絡を取る花。

成田のアドバイスはスルーw

長文を送りました。

みずきからの返信は無し。

待てど暮せど、返信は来ないまま。

3日経過。

花が頼ったのが、歩でした。

歩のすぐ近くに、みずきの姿が!

また一緒にいるんでしか。

みずきは歩に相談します。

歩には、正直に話すんですね~(ニヤニヤ)

みずきがしゅんとすると、歩がみずきの頭をよしよし。

歩の包容力にキュンです。

前髪をちょんまげにしてる姿もかわいいw

そんな歩のことを、親戚のおじちゃんみたいだと言うみずき。

照れ隠しなのか、本気なのかw

ファミレスらしき場所に、4人が集合。

成田がまた正論を言いそうになるんですが、自ら引っ込めました。

元カノの発言の影響力!w

みずきは歩むに声を掛けられ、勇気を出し、2人に謝罪。

みずきはもう2人と会わないつもりでいたようです。

花は、自分も悪かったと言って謝ります。

友情が、いい感じに復活しそうな雰囲気。

空気を読んだ歩。

成田を連れて、席を離れました。

残された花とみずき。

みずきの心情をもう少し掘り下げることに。

花が、いつからみずきに嫌われていたのか問い詰めます。

これからも友達でいるために。

熱い友情の話になってきました~w

相手のことが嫌になったら、徐々に距離を取って、最終的には疎遠に持っていくのも多いと思うんですが。

そうではなくて、これを機会に本心を聞き出し、これからも友達でいようとするとは。

めんどくさいからもういい!ってなりそうなのに。

みずきも、花のことが嫌いであり、好きなんでしょうね。

5話で言い合いになった時に言っていた内容を、落ち着いて話している感じです。

みずきの頭をわしゃわしゃする花。

歩にも花にも、みずきは頭をなでられたわけですw

花は、これまでみずきに甘えていたことを大いに反省。

2人は、7話のタイトル通り、仲直り出来たようです。

男性陣の方はというと。

歩がみずきと一緒にいることが気になった成田は、責めるように歩に理由を聞きます。

責められるだろうなと歩は予想してたんですね!?

さすが友達。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕らは恋がヘタすぎる最新話の感想や結末のネタバレが続きます

成田はみずきを甘やかす歩に、イラッとしてるみたいです。

みずきのことが好きなのかどうか聞いたら、歩は好きだとはっきり言いませんでしたが、肯定するような返事をしました。

そしたら、成田は黙りましてww

今度は、歩が成田の様子についてつっこみます。

成田が花に言いかけたことを飲み込んだ件について。

歩にはこうして遠慮なく責めてきたのにw

花とは、これからうまく付き合っていくために黙ることに決めたと成田は言います。

言いたいことを言わないと良くないのに~。

その見本がみずきなのに~。

歩は、成田にちゃんと言ってあげてます。

もたないんじゃないか、と。

いつもの成田でいる方が上手く付き合っていけると思う、と。

それを聞いた時の成田の表情。

この顔は、揺らいでますか!?w

ここで7話終わり。

歩は、みんなのキーパーソンですね。

成田は歩の言うことを聞くのでしょうかw

続きが気になります。

>>僕らは恋がヘタすぎるの感想まとめ(目次)

>>僕らは恋がヘタすぎる6話の感想

【2019年9月19日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました