自称彼氏がキツく愛して離れません9話の感想

相変わらず佳孝がかわいかったですw

今回は、咲希が佳孝と離れることにならないように頑張ってました(ニヤニヤ)

咲希と佳孝の仲直りに協力した錦辺にも幸あれ!w

【2020年7月2日 記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

2ヶ月間で99円っていう安すぎる価格。

どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

え!うそ!?

読みたかったTL漫画がいっぱいある!?(驚き&喜び)

・・・マジですか。

99円で2ヶ月利用できるキャンペーンは対象者のみに表示されます↓

>>2ヶ月99円のAmazonの読み放題へ

危なかった。このタイミングで知って良かった。キャンペーンが終わってから知ったらのたうち回るところでしたw

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

これで梅雨と夏の楽しみを確保。

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは自称・彼氏がキツく愛して離れません最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

9話の冒頭。

佳孝と咲希がピンチです。

あんなに咲希のことが大好きな佳孝が、咲希を避けてます。

『キツく愛して離れません』が売りだったのに!?w

咲希と会わないとか、連絡を取らないとかって、耐えられるのか!?

佳孝は無事なのか!?

読みながら、佳孝が咲希を避けるなんて無理じゃないのかなって思ってましたw

意外にも、咲希と会わずにいられたんですね~。

咲希は、メールしたり電話したりしてみてるみたいですけども。

咲希は錦辺に伝言を頼みます。

佳孝は、魂が口から出て、頬はこけていました。

予想通りww

佳孝は錦辺に引きずられ、店に入りまして。

錦辺相手に、佳孝は咲希が自分にとってどんな存在かを語り始めますw

真剣モードで。

原動力は咲希であり、その原動力を無くしたわけだから頑張れない、と。

そんな話を聞かされて、ドン引きする錦辺ww

佳孝がこういう人間だということは、読者は分かってましたけども。

錦辺にとっては、想像を越えていたようで。

「それはさすがに依存しすぎだろ」と佳孝に言ってますww

佳孝が小学生のようであり、咲希が初恋だと判明したことで、錦辺がむしゃくしゃしまして。

目が据わります。

そんな表情で話し始めたのは・・・奥さんと別れた理由。

経験者の話は、心に迫るものがありますね~w

錦辺が「お前 愛されてていいな」って佳孝に対して言うんですけども。

切ないっすw

過去を思い出して、泣き始める錦辺。

佳孝は、咲希の元へ走り出してしまいました~。

錦辺を1人残してw

佳孝がいなくなった後、錦辺は追加注文。

まだ帰らないんですね!?ww

咲希と佳孝のシーンになりまして。

ソファーの上で土下座をし始めた佳孝。

佳孝が頭を上げると、今度は咲希が土下座。

そして次のページからは、甘々モードに~(ニヤニヤ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自称・彼氏がキツく愛して離れません最新話の感想や結末のネタバレが続きます

そうですよ。甘々が見たかった!w

いったん離れ離れになってから、それを乗り越えての抱擁。

佳孝以上に、咲希が熱烈です(ニヤニヤ)

両手を広げた佳孝を、押し倒す形になりまして。

そしたら佳孝の気持ちも高まり、ぐるっと回転。

今度は咲希が下に。

これから盛り上がる場面で、佳孝が寝落ち。

テンピュール並にに柔らかい場所に頭を置いてw

咲希が起き上がり、膝枕の体勢に。

ページがもう無かったんですね?w

最後のページは、佳孝の手を握り「無理させてごめんね」と謝っています。

佳孝は咲希の膝だとよく眠れるようですw

春日井の狙いが何なのか、咲希が知りたがっているところで9話終わり。

錦辺がいい人でしたw

佳孝は咲希に会いに行って関係を修復させることが出来ますけど、錦辺の場合は今さらなので。

奥さんの元へ走って行って謝って関係を回復させることは出来ませんから。

そりゃ1人残された後も、追加注文しますよね~。帰りたくないですよね~ww

>>自称・彼氏がキツく愛して離れません6話の感想

【2020年7月2日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました