KOIの病は治らない!7巻の感想

漫画

6話でイケメンを探すものの見つからず、イケメンかと思ったら城ケ崎だった。

恋する乙女と化した幸。

ややこしい相手を好きになったものです。

いや、いずれそうなるって分かってはいましたがww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはKOIの病は治らない!最新話のネタバレを含む感想です


KOIの病は治らない! 7

↑読むには「試し読み」をクリック↑

城ケ崎のお兄さんは、「現役医師の視点で意見を!」という城ケ崎の発言に吹き出しました。

まだ恋を病気だとかいっての?って!!

しかも、まさか専門で研究してるって恋のことじゃないよな?と言い放ったのです。

そのまさかだよ!恋の研究しちゃってるよー!!www

引っ込みがつかなくなったのか、城ケ崎は「俺はKOIを治すんだ」と叫んで走り出しましたw

後を追ったのは、幸ではなく真帆。

呆然と立っていた幸ですが、城ケ崎のお兄さんに「私はただの被験者ですから」と笑顔で言って帰りました。

城ケ崎に、呼び出され研究室に行く幸。

改めて、KOIの研究への協力を求められます。

いつもなら「何いってんの」と答えるところ。

だけど、幸は今すごく胸が苦しいから、早くKOIを治す薬を作ってと城ケ崎に言います。

城ケ崎とは、研究者と被験者の関係でつながっている。

たった一つのつながりを、もう幸自ら消すなんて出来なくなってしまいました。

これこそ、恋の病だー!!w

城ケ崎は試作品を完成させます。

3日間の徹夜でボロボロw

幸は、そんな城ケ崎を目の当たりにして、一歩踏み込みます。

城ケ崎にキスして、好きだと告白。

そして城ケ崎から試作品を奪い、飲みました。

あっけにとられる城ケ崎。

幸は、悲しげな笑顔を浮かべながら「もう あんたのこと好きじゃないわ!」と言います。

つまり、試作品は成功で、効果てきめん。

けど、効果がありすぎて危険だから作るのはやめた方がいいと言って、城ケ崎の元から去っていきました。

幸は涙を流します。

「バイバイ 城ケ崎」というモノローグで7巻終わり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KOIの病は治らない!最新話の感想とネタバレはここまで

おっとっとっと!

ついに、城ヶ崎に体当たりしましたか~。

7巻の後半は、怒涛の展開となりました。

キスして、好きって言ったかと思えば、試供品を一気飲みして、好きじゃなくなったって!w

こじれてますね~。

まさに、恋の病。

城ヶ崎は、どう出るのでしょうか。

予想がつきません。

そして、研究は続けるのか!?

続きが気になります。

>>KOIの病は治らない!8巻の感想

【2019年8月17日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました