となりのメガネ王子とヤンキーと24話の感想

理人と由衣のジャマをする立川の存在が、もー!と思って読んでたんですが。

24話の後半に、新太の良さを見せられてしまって、私が心変わりしてしまいました。

由衣は新太とくっついてほしいな、と。

新太がなんだか・・・いい人なんですよね~ww

これはマズい。

いい人はフラれる。それが少女漫画の王道。

新太(涙)

【2019年10月15日 追記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

3ヶ月間で199円っていう安すぎる価格。

どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

え!うそ!?

読みたかったTL漫画がいっぱいある!?(驚き&喜び)

・・・マジですか。

199円で3ヶ月利用できるキャンペーン↓

>>3ヶ月199円のAmazonの読み放題へ

危なかった。このタイミングで知って良かった。キャンペーンが終わってから知ったらのたうち回るところでしたw

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

これで秋の夜長の楽しみを確保しましたw

今から3ヶ月ですから秋だけじゃなく冬まで!?

寒い冬もゆったりと家で心穏やかに過ごせます。

今年の秋冬は、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはとなりのメガネ王子とヤンキーと最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

立川は、生徒たちの前では理人と何もないと言っていました。

しかし、由衣だけになると、理人と何かあったようなことを匂わせます。

イヤな女になるつもりなんでしょうか。

せっかくの美人なのに。

案の定、由衣は不安に。

立川は、新太を彼氏じゃないと言った時の由衣の表情がお気に召さなかったようです。

「概ね事実」を言ってるけれど、あいまいな表現をするものだから、由衣は大ダメージ。

ようやく理人が由衣に気付きまして。

建物から出てきました。

由衣を見た時の理人の顔。

呆然としてるんですけど、うれしさがにじんでます(ニヤニヤ)

すごい勢いで、理人を連れ去る立川w

由衣は、理人の背中に手を添える立川の様子を見て、誤解を深めたようです。

そんなことを知らずに、理人は顔を赤くしてます(ニヤニヤ)

由衣が来てくれたという喜びをかみしめてww

由衣の方は、理人と違って、悲しさに目から涙がジワっと。

そして、顔を上げます。

このコマを見て、私は『上を向いて歩こう』の歌詞が頭に浮かびました。

上を向いて歩こおおう 涙がこぼれないよおおに♪

由衣の顔をのぞきこむ新太。

いつものように、由衣をからかいます。

新太のおかげで、さっきの涙も自然に乾いた様子。

由衣は明るさを取り戻しました。

そして、今思っていることを、正直に新太に伝えます。

こうして由衣が正直に話せるのも、新太が相手だからでしょうね~。

新太の人柄のたまもの。

さすが理人に好かれるだけのことはあります。

家のドアの前に到着。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

となりのメガネ王子とヤンキーと最新話の感想や結末のネタバレが続きます

新太、爆弾発言。

「俺 由衣の素直なとこ すげぇ好き」

見事、由衣にダメージを与えました!

困惑しろ困惑しろってww

新太の思惑通り、由衣は困惑。

困惑どころか、数時間しかばねにww

インターホンの音により、しかばねから復活w

誰がインターホンを鳴らしたのかというと・・・

理人!?

ここで24話終わり。

今回、新太が由衣と足を蹴り合って楽しそうにしてるシーンあったんですけど。

そのシーンを見て、新太とうまくいってほしいな~と思うようになってしまった私がいましたww

しかし、由衣が好きなのは理人。

そして、理人が好きなのは由衣。

すでに両想い。

いやいや、まだ分かりません!!

新太、ガンバレ!

そして立川、ガンバレ!ww

あ、ダメだ。

少女漫画的には、立川が頑張るほど恋のスパイスとなり、理人と由衣がくっつきやすくなってしまいます。

困りましたw

立川には、ほどほどにしてもらいたいww

>>となりのメガネ王子とヤンキーと25話の感想

>>となりのメガネ王子とヤンキーと22話の感想

【2019年10月15日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました