やわ男とカタ子1巻の感想

頑張る主人公っていうのは、やっぱりいいですね~。

途中で、無理だって心が折れる場面もあるんですが。

簡単にうまくいくわけではないところもいいです!

【知らなきゃ損】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

対象者の人は、3ヶ月間99円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはやわ男とカタ子1巻のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

藤子が男性陣を前に、自分は喪女だと話します。

笑いを取るために。

だけど男性陣は引いてしまってますね~。

なんで!?

ウソを付かず喪女だと話して、しかもちゃんと明るい雰囲気で。

男性陣はすかさず、そんな事ないよ、かわいいよって言えよー!w

小柳が藤子を送って行くのかと思ったら、2軒目へ。

そこで小柳のカミングアウトww

全部無駄だったと言えてしまう努力は努力とは言わないって小柳が言いまして。

名言!!

藤子はあきらめます。

けれど、小柳があきらめません(ニヤニヤ)

藤子の喪女脱却に向けて、小柳が指導開始ですw

久美も付き添ってます。

喪女の原因は、女らしくない外見だと思っている藤子。

しかし、小柳に言わせると・・・性格ブスだからw

卑屈さ、自虐っぷり、意固地さ。

こんなのは、超絶美人でも愛されない、と断言。

まずは見た目から手を付けます。

髪を切り、服を買い、花のコサージュを着けます。

藤子の心が少し良い方向へ・・・って時に、かわいい久美を見てしまって・・・あらら。

そして久美本人にぶちまけます。

久美が隣にいるせいだ、と。

久美は、まさか自分が藤子を苦しめている原因だったとは思わなかったでしょうね~。

その後は、藤子には小柳がそばにいて、励ましたり応援してるからいいですけど。

藤子にあんな事を言われた久美は、大丈夫なのか!?(ハラハラ)

小柳に連れて行かれた店で、藤子は男性に声を掛けられます。

恐縮しながらも、感動している様子w

男性にかわいいって何度も言ってもらって、藤子は照れます。

男性が、本題に入りかけると、すかさず小柳が登場(ニヤニヤ)

イラついた男性が小柳の事を悪く言ったので、ブチギレた藤子。

その後、小柳は藤子を引っ張っていって踊ります。

藤子の面倒を小柳が見て、きちんと家まで送り届けたそうで。

藤子は、将来のために喪女のオフ会に参加。

そこで藤子は喪女の話しを聞く側になったわけですけども。

そしたら、小柳の言っていた事がよく分かったというw

偶然、近くにいた久美に、変わるから待っててと言います。

頑張れー!!

藤子から返事が来て、小柳が喜んでますね~(ニヤニヤ)

デートの練習として、水族館へ。

小柳が元カノを連れて来てまして。

元カノは、小柳とよりを戻したいから、藤子に協力を求めます。

藤子の卑屈&自虐スイッチオン!w

藤子は黙って帰ります。

しかし、小柳が追いかけて来て、元カノよりも藤子を優先。

そしたら元カノが泣き出し、藤子を責めます。

藤子が元カノを勝ち組と言うけれど、今傷ついてるのは、その勝ち組であるはずの私だ、と。

常に傷つけられる側にいるって思うなって言われた藤子は、衝撃を受けます。

元カノが去り、2人はデート再開。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

やわ男とカタ子1巻の感想や結末のネタバレが続きます

デートが終わり、小柳は藤子への指導を終了します。

藤子が、男性に誘われたところで1巻終わり。

4コマで裏話が載ってるんですけども。

藤子のモデルは、担当Eさんだそうで。

小柳は、脱喪前のEさんの脳内にいた人がモデルだそうでww

それから、藤子はとにかく長女だと書いてあります。

Eさんも長女。

こじらせるのはいつも長女って事でしょうかw

2巻に続きます。

【知らなきゃ損】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました