やわ男とカタ子4巻の感想

惚れた弱み!!

恋愛初心者が恋愛の先生を振り回すことが出来てしまっていますよ(ニヤニヤ)

この強力な「惚れた弱み」のせいでww

【知らなきゃ損】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

対象者の人は、3ヶ月間99円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはやわ男とカタ子4巻のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

小柳が、顔面を思い切り押されてしまってますけどもw

振られなかったから、藤子はめちゃくちゃ困っています。

藤子の短所を、ことごとく打ち返す小柳。

藤子の卑屈な部分は、小柳にとっては傲慢よりも良くて。

藤子が気にしている声の低さは、小柳の好みだと。

背の高さも、小柳の方が高くて。

足のサイズも、小柳の方が大きい。

何の問題もありませんw

藤子は、小柳がウソを付いてまで藤子から離れた理由を聞きます。

藤子の求めてる普通にはなれないからって答えている時の小柳の顔を見て、藤子は落ち込みます。

付き合いは、結局、オッケーしませんでした。

うんざり気味の小柳は、本当に藤子が小柳を好きなのかどうか確認。

うなずいたのを見て、小柳がときめいてますね~(ニヤニヤ)

この状況だと、小柳が折れるしかありません。

惚れた弱みという事で(ニヤニヤ)

小柳は藤子の手をそっと持ち上げます。

そして・・・

藤子の手の甲にキス!?

ひざまずいた状態で。

王子様じゃないですか!!(ニヤニヤ)

小柳は、筋トレを始めました。

好きな人のためなんですって~(ニヤニヤ)

藤子のショートは、小柳の心をぐっと掴んでます(ニヤニヤ)

藤子の今の心境をなんとなく察しながら、頃合いを見てメッセージを送信。

文面は、様子をうかがうような感じだと何も進まないと判断したようですw

積極的にデートしようって誘ってます(ニヤニヤ)

恋愛中の小柳は、生活にハリが出るって言って、楽しそうです。

藤子の方は、緊張と不安で大汗をかいてますw

2人の違い!!ww

小柳が藤子に会えたのは、3週間後!?

しかも2人きりではなく。

みんなでグランピングへ。

4人で仲良く並んで就寝。

1人だけ男性の小柳ですが、ごく自然に藤子の隣で寝ていますw

小柳は何もしないって言いながらも、顔を近づけたりして(ニヤニヤ)

藤子と電話で話してる時に、小柳が筋トレしてます。

頑張ってますね~(ニヤニヤ)

ようやく2人きりでのデートですw

藤子を待ってる時の小柳がかっこいい!

自分だけを待っていてくれる人がいるって事に、めちゃくちゃ感動する藤子。

フラフラになった小柳を、藤子が家まで送り届けます。

帰らないでって小柳が言いまして(ニヤニヤ)

玄関で、小柳は藤子に迫ります。

そして、付き合うかどうかの最終的な返事を求めました。

ごめんなさいって言ってしまう藤子。

このタイミングのごめんなさいは、ややこしい!

藤子は焦り、小柳にキス。

臆病で自分勝手な事を謝ります。

年を押すように、もう1度、藤子からキス。

小柳は安心します。

藤子に好きって言わせます(ニヤニヤ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

やわ男とカタ子4巻の感想や結末のネタバレが続きます

今度は小柳からキス。

1回離れてから、また。

限界を迎えた藤子は、小柳を押して、距離を取りますw

急いで帰って行きました。

28年間1度も無かったのに、この数分で4回っていう藤子のモノローグがありましてww

小柳も、まだ玄関のところにいます(ニヤニヤ)

ここで4巻終わり。

巻末のおまけ4コマは、小柳がわざと藤子を動揺させるような事を言っています。

藤子がそわそわしたり慌ててると、ちょっとはスッキリするのかもしれませんねw

>>やわ男とカタ子3巻の感想

【知らなきゃ損】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました