整形シンデレラ13話の感想

12話で主人公の凛がみんなに話を合わせているシーンが再び描かれています。

しかし、ターゲットは寺島ではありません。

真ん中にいるのは・・・以前の凛!?

1話で、主人公の凛がみんなにいろいろ言われていたシーンが出てきました。

松平も!

主人公の凛は、以前の凛を抱きしめます。

寺島に責められて。

きれいな凛さんにもにらまれて。

どうなってるのでしょうか!?

次のページに答えがw

電話が鳴って飛び起きた主人公の凛。

【2020年9月29日 記】

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは整形シンデレラ最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

整形シンデレラ 13

整形シンデレラ 13

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

12話の出来事が相当ショックだったのか、夢に見てしまったわけですね~。

電話は松平からでした。

松平とのデートを忘れていたそうですww

あわてて到着。

松平、笑ってます。

怒ってません。

主人公の凛の髪の毛にそっと触れて甘い雰囲気を醸し出してますよw

髪がぐちゃぐちゃで駆けつけたから、許すんですって~。

主人公の凛のこと、ちゃんと好きなんですね。

この後、楽しくデートできそうなんですが。

やっぱり、そんな気分じゃないのか、主人公の凛は帰ることに。

デートは中止。

ぼーっとしながら、女子社員3人組のことを考える凛。

敵に回したら怖いけど、親しくなったら情に厚い中小路。

ゴシップ好きで面倒見のいい小院町。

腰巾着だけど、気配り上手で真面目な沢屋敷。

女子社員3人組の名前と顔がしっかりと紹介されました~ww

みんな、名前が独特!

田中とか鈴木とか、よくある名前じゃないんですねw

中小路と沢屋敷もすごいけど、まだいそうな気がします。

小院町ってすごいな!

名前に反応してしまいましたww

凛のモノローグが続きます。

嫌な人は悪人、いい人は善人。

くっきり分かれてたらいいんですけど。

その場に合わせて変わるわけですよ。

嫌な人にもいい面があって。

いい人にも嫌な面がある。

松平も、いい人ではないけど、悪い人でもなくて、普通の人。

それは主人公の凛も同じ。

以前の顔の凛は、みんなにいろいろ言われてしまう立ち位置でした。

今回は、いろいろ言われたのは寺島で。

凛は、いろいろ言う方の立場になっていて。

「そういうは不快です」と言ったきれいな凛さんは、きれいだった、と。

ここで突如、松平が描かれます。

一人で、カップラーメンを食べるところみたいです。

お湯を入れて待ってる時に、電話してます。

相手は妹。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

整形シンデレラ最新話の感想や結末のネタバレが続きます

さっさと話を済ませないと、カップラーメンがお湯を吸い過ぎてしまいますよ~。

松平は、たっぷりお湯を吸い込んでちょっとふにゃ~ってなった麺がお好みなのでしょうか。

ちなみに私は、かたい麺が好きです。

カップラーメンを食べる時は、お湯を注いで3分なのであれば、2分とか1分半で食べ始めます。

それでもごくたまに、たっぷりお湯を吸った麺を食べる時があるんですけど。

ふにゃ~ってなったのはなったので美味しいな~と思いますww

松平の妹は、お兄ちゃんの彼女に興味があるようですね~。

紹介してと言ってます。

松平が返事をする前に、寺島たちがいる方に場所が移ってしまいました。

なので松平が何て答えたのかは分かりません。

主人公の凛は寺島に謝ります。

許してくれないそうですww

ここで13話終わり。

きれいな凛さんは、主人公の凛をどう思ったのでしょうか。

あと、松平は妹と主人公の凛を会わせることにしたのかな・・・

次が楽しみです。

>>整形シンデレラ14話の感想

>>整形シンデレラ12話の感想

【2020年9月29日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました