薔薇色ノ約束7巻の感想

甘々なシーンがたっぷりあって。

ずっと気になっていた事も解決して。

長年の約束が果たされて。

伏線が一気に回収されていきましたw

【2021年4月20日 記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

対象者の人は、2ヶ月間199円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは薔薇色ノ約束最新刊のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

薔薇色ノ約束 7

薔薇色ノ約束 7

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

これからそういうシーンに・・ってところで、前回は終わっていました。

今回はその続きから・・・ではなくて。

済んだ後からでした~w

眠っている彩葉を、烈が微笑みながら見ています(ニヤニヤ)

寝顔を堪能してますね~。

彩葉が目を覚ますと、抱き寄せました(ニヤニヤ)

甘々です(むふふふ)

ぼーっとしていた彩葉ですが、さっきまで何をしていたかを思い出し、顔が真っ赤に。

恥ずかしくて烈に背中を向けます。

後ろから抱っこ。

烈は、これで彩葉は名実ともに自分のものになったと言います。

そしたら彩葉は、ずっと以前から烈のものだったと言いまして(ニヤニヤ)

なぜ烈が彩葉の寝顔を見ていたのかというと、また彩葉が記憶をなくしてしまうかもって心配だったそうです。

そんな烈を、かわいいと思う彩葉。

そして、烈が再び・・・(むふふふふ)

やっぱり、肝心なシーンは描かれませんw

翌朝。

身支度を整えた烈が、さわやかにフジと挨拶しています。

その頃、彩葉は・・・眠っていました。

烈のせいで、起きられないようですw

布団に入ったまま、朝食ですか。

優雅~w

夜になりました。

烈が帰ってきまして。

手を出されなくて不満げな彩葉。

だから、烈はその期待に応えました!

この時は、少し描かれています(むふふふふ)

とっても甘々な2人。

その後には、重い展開が待ち受けていますw

三原新之助と名乗っていた、藤堂雪彦の件について。

烈と彩葉の挙式は、雪彦との問題を解決しない限りは、危険なので延期という話が出ます。

そしたら烈のお父さんが、彩葉を嫁としてふさわしくないと言い出しまして。

弱気だった彩葉も、覚悟を決めて、烈のお父さんと向き合います。

やられっぱなしは性に合わないと言っている時の彩葉は笑顔です。

ちょっとこわいw

そして、いよいよ対決です。

彩葉 VS 雪彦

烈が助けに入ります。

雪彦はつかまり、解決。

しかし、収監先から雪彦は逃げたそうです。

ただ、もう自分たちの前に姿は現さないだろうなって彩葉は思っています。

挙式が行われる前に、彩葉はお父さんの形見の日記を読む事にしました。

お父さんは、彩葉が烈と幸せになることを願っていました。

日記を抱きしめて、彩葉は泣きます。

次のページ。

挙式ですね~。

白無垢姿の彩葉が描かれます。

無事に挙式を終えた夜。

感慨深そうにする烈。

12年越しの約束を、とうとう果たせたんですね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薔薇色ノ約束最新刊の感想や結末のネタバレが続きます

彩葉のお父さんは、烈に遺産を預けていました。

彩葉は、再び箱を烈に預かってもらう事に。

子供たちのために使いたい、と。

烈と彩葉は、約束します。

今の2人が描かれた下のコマには、子供の頃の烈と彩葉が描かれています。

この後も、今の2人と子供の頃の2人が描かれていて、感慨深いです。

ここで7巻終わり。

次巻予告では、烈の元婚約者が再び登場するという事でw

熱い眼差しの彩葉がいて、夫婦の愛で逆境を乗り越えるっていう文章もあったり。

次も甘々なシーンがいっぱいあるんでしょうね~(ニヤニヤ)

>>薔薇色ノ約束6巻の感想

【2021年4月20日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました