ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ちの感想

優しい望里に癒やされました。

椎羅って最初はこんな顔だったんだ!と驚きましたw

大元の「ときめきトゥナイト」を知ったのは、いとこの家にときめきトゥナイトが置いてあって、読ませてもらったのがきっかけ。

主人公の子供も、のちに主人公になるってすごいなって思ったのを覚えてますwww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ちのネタバレを含む感想です


ときめきトゥナイト
江藤望里の駆け落ち

↑読むには「試し読み」をクリック↑

あとがきで制作裏話が書かれています。

最初は、真壁俊本の第2弾として進められていたそうですが、望里で1冊描くことになった、と。

望里と椎羅のエピソードは、ストーリーとして池野恋さんの頭の中にずっとあったものかと思いきや、そうではありませんでした。

なんと「かけおちした」という設定しか考えていなかったって!!

どこまで考えてあったのでしょうか。

吸血鬼と狼女で、異種間での結婚だったのは2人が登場した時から分かってたこと。

みんなに反対されたりするってのは想像がつくから「かけおちした」という設定になったのかな。

で、どういうふうにみんなに反対されて、どういうふうに思いを貫く決意をして、どういうふうに逃げてきたのか。

そういう細かいことは、この江藤望里本を作るにあたって、初めて決めたのかなww

望里と椎羅の話が出来た後、あまった30ページを埋めるために作られたのが、『江藤蘭世の悶々』だとあとがきに書いてます。

俊と蘭世の新婚旅行編を提案されたけど、今は蘭世と曜子の話が描きたいっていうことで。

そうやってチラっと知らされると、新婚旅行編が読みたくなってくるので困りますw

ときめきトゥナイトの方は、もうず~っと前に読んだことがあります。

古さを感じてしまうのは仕方ないのですが、いい意味での古さがありました。

蘭世がおしとやかでかわいいこと。

話し言葉も、おしとやかです。

だから登場人物たちの、セリフ回しとか、新鮮なんですよね~。

なんだろう、ドラマの『渡る世間は鬼ばかり』を見た時のような。

セリフの感じが、今時の話し言葉ではないところに、惹かれてしまう。

登場人物たちの考え方とかも。

だから、すご~く前に描かれた漫画も、味があっていい!

その時人気だったものは絵とか話し言葉とか表現が古くても、内容は面白い。面白いから当時人気だったわけであって。

『江藤望里の駆け落ち』を読んだら『ときめきトゥナイト』の方もまた読んでみたくなりました。

『ときめきトゥナイト』の中に出てきたエピソードが、こっちでも使われています。

特に読んでて、わ~♪と嬉しく思った箇所は、未来からやって来た蘭世と会うシーン。

『ときめきトゥナイト』の方はずいぶん前に読んだから、どんな話か忘れてしまっているのに、ここのエピソードは覚えていました。

だって、ここは、「優しいお父さん」に感動&感激したから!

記憶って、感情と一緒になると残りやすいって本当だ!

夫婦喧嘩をして、妊婦の椎羅が実家へ帰ってしまいます。

望里が一人でいるところに、未来から魔界人がやってきます。

望里の命を狙って。

半魚人に変身している蘭世に、望里は生まれてくる子供のことについて聞くんです。

本人である蘭世が、それに答える。

最初は女の子で次は男の子が生まれて、名前は蘭世と鈴世。

そう教えてもらった望里は、未来の子供たちのことを想像して

「顔もかわいいかな。いや絶対かわいいに決まってる。ちくしょう、見たかったな。」

って優しい表情で言うんです!!

わ~ん(感涙)

その素晴らしいシーンが、今回の漫画の中にも出てきて、ビックリだし、嬉しい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ちの感想とネタバレはここまで

確か、過去へ蘭世たちが行って、こういうことをして戻ってきた時、未来の望里と椎羅の記憶の中に、この時の記憶が新しく生まれたんだっけ。

望里が椎羅に、あの時のこと覚えてないか?お前が撃たれてって言うと、椎羅が思い出して、あれは蘭世たちだったのねって。

あああ~。

ヤバイです。

『ときめきトゥナイト』を読みたくなってしまいました。

何年も前の漫画だから本屋に置いないかな~。

【2019年8月17日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました