自称悪役令嬢な婚約者の観察記録6巻30話の感想

溺愛ルート、ばんざ~いw

セシルがバーティアに甘々です(ニヤニヤ)

読んでる間、アネスもかわいいし、ニヤニヤきゅんきゅんしまくりでした!

【2021年4月20日 記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

対象者の人は、2ヶ月間199円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは自称悪役令嬢な婚約者の観察記録最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

セシルが卒業して2年が経ったそうです。

バーティアが卒業、ということで。

バーティアと会えない時間は退屈で長かったとセシルが言います。

バーティアもセシルに会えなくて寂しかった、と。

甘々な会話ですね~(ニヤニヤ)

王太子妃になるための教育を受けつつ、学園生活も送っていたので大忙しだったバーティアですけども。

セシルは、セシル側に有利な同盟を隣国と結んだり、国内の悪い人たちを掃除したり、バーティアとの結婚式の予算をたっぷり確保したりしてたそうでw

バーティアの顔を押さえながら、セシルが笑顔でバーティアのおでこにキス。

甘々~(ニヤニヤ)

溺愛ルートだと認識したバーティアは、顔が真っ赤にw

セシルが、バーティアの家に挨拶に行きたいと言います。

娘さんを僕にくださいっていうのをやってくれるのかって嬉しそうに言うバーティア。

バーティアのスカートの裾から上が描かれてるんですけど、ドレスがすごくかわいいです!!

次のページでは、かわいい男の子が怒っています。

バーティアの弟ですね。

1巻の時に、生まれたての赤ちゃんとして登場して以来。

いつのまにか、こんなに大きくなっちゃって。

姉さまは僕と結婚するのって言ってますよ。

かわいすぎるんですけどー!!

バーティアはアネスに、乙女ゲームの事を話しているっぽいです。

ハーレムという言葉がアネスの口から出てきた事に、ショックを受けるバーティアのお父さん。

バーティアのお母さんは笑ってますw

バーティアの両親のスルースキルの高さにあきれるセシルww

アネスは、バーティアの寝言で乙女ゲームの情報を得たそうですw

アネスはセシルを魔王だと言います。

バーティアのお父さんの仕業でw

バーティアが話しを忘れてしまった事に、がっくりするアネスがかわいいですw

この状況を見ていると、この中で一番まともなのはアネスですね~ww

両親はスルースキルがすごいし、バーティアは話を聞いてないし、セシルは計算高いし。

普通の子供って感じのアネスのかわいらしさが際立っています。

癒やし~。

お菓子につられるアネスですが、最終的には・・・

バーティアの幸せそうな表情を見て、セシルの元へ嫁に行く事を納得。

セシルとアネスは、指切りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自称悪役令嬢な婚約者の観察記録最新話の感想や結末のネタバレが続きます

バーティアを幸せにする事と、お菓子を用意する事。

これで円満に挨拶は済んだかな~って感じだったんですが。

バーティアのお父さんが急に威圧感を出してきましてw

前回、セシルはお父さんと語り合ったわけですけども。

今回は、バーティアのお父さんと語り合う、という事でw

セシルはモノローグでバーティアのお父さんにツッコミまくってますが、不思議と嫌ではないそうです。

バーティアの家族とも仲良くやっていけるとセシルが思っているところで30話終わり。

普段、冷静で淡々としているセシルが、バーティアには甘々に接しているところがいいですね~(ニヤニヤ)

甘々なセリフをさらっと言ってますし。

セシルがバーティアにドキドキして照れてるところを見てみたいな~なんてw

次も楽しみです。

>>自称悪役令嬢な婚約者の観察記録6巻29話の感想

【2021年4月20日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました