結婚できないにはワケがある6話の感想

6話のまりこは、女神だと思いました。

富澤が弱い部分を見せても、笑顔でフォロー。

しかも、無理をしているわけじゃなくて、ちゃんと富澤と一緒にいることを楽しんでます。

富澤自身が「つまらない男」だと自分のことを言ってしまうほどにダメダメなのに。

富澤は、6話の中で何度もまりこに軽く頬を染めてます。

まりこと付き合ってる富澤がうらやましい!!

弱い部分を見せてもずっと好きでいてもらえてるなんて、富澤め~。

マジでうらやましい!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは結婚できないにはワケがある最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

6話のタイトルは『みちゅこなしのデート』ですww

5話の最後、まりこは大勝負に出ました!

富澤の返事は・・・(はらはらドキドキ)

1ページのシンキングタイムがありましてww

富澤の横顔のコマの隣で、うつむくまりこのコマ。

真ん中の段には、みちゅこw

下の段の3コマには、富澤の百面相w

すご~く考えているようです。

右のコマは困り顔で笑顔。

真ん中のコマ・・ww

左のコマは、眉間にシワを寄せてます。

たっぷりと富澤は考えて、出した答えは・・・

「わかった」

これには、まりこ、目を見開きます。

1日だけだしってことで、富澤はオッケーしたのです。

まりこの喜びようがw

笑顔の周りを花が囲ってます。

まりこは大勝負に勝ったのです!

まずは1勝。

ですが、油断できません。

デートがどうなるのか、不安。

デート当日。

富澤はさわやかな笑顔で登場。

大丈夫のようです。

いつもはみちゅこのカバンを持っているはずの富澤の右手。

その空白を埋めるべく、まりこは富澤と手をつなぎます。

富澤は汗がすごいんですけど、すかさずハンカチで拭いてあげるまりこ。

そんなふうに、みちゅこなしの富澤を、まりこが全部優しく包み込みます。

見たい映画が決められなくて、富澤が落ち込む時も、まりこがすぐに見たい映画を提案。

食事も、「なんでもいいよ」と答える富澤に、まりこが笑顔で富澤の好きな甘いものが食べられる店を提案。

またみちゅこを思い出し、大汗をかく富澤をハンカチで拭いてあげるまりこ。

富澤の表情は、明るいです。

みちゅこなしでダメダメなはずの自分を、受け入れてくれてるまりこに、惚れ直した模様ww

帰る時間となりました。

ここで、素晴らしい反応が見られます。

富澤が、もう帰らなきゃいけないのかと、不満げな態度を取ったのです。

逆に、まりこの方が、みちゅこが待ってるから帰らないと的なことを言うんです。

・・・富澤の顔!

まりこ、やりますね~ww

帰宅後、さらに素晴らしい反応が見られました。

なんと、富澤が、みちゅこを移動させ、まりこを座らせた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結婚できないにはワケがある最新話の感想や結末のネタバレです

最初の頃は、富澤と結婚するために、みちゅこの存在にフタをしていたというのに。

まりこは、富澤がまりこよりみちゅこを優先することに不満があったから、その問題と向き合ったわけですよ。

富澤と別れる覚悟で、みちゅこなしでデートに誘い・・・その結果、まりこは富澤の隣に座れたのです(涙)

大逆転!?

まりこのモノローグ、すごいことになってます。

「あれれ?」のオンパレード!w

こうなることを望んでたんでしょうに。

みちゅこよりもまりこ、みたいになってる富澤に、まりこはプチパニック?

隣に座ったまりこの手を握った富澤。

まりこの目をしっかり見て「一緒に住もうか」ですと!?

まりこが30歳まであと92日になったところで6話終わり。

まだ92日もあったの!?

漫画の中では1週間ほどしか経ってなかったんですねw

この調子でいけば、マジでまりこは30までに富澤と結婚できるでしょうし、幸せな結婚になりそうです。

一緒に暮らし始めたら、みちゅこ関係でまた富澤にドン引きさせられるのかもしれませんけども。

食事の時、寝る時、起きた時など、富澤はみちゅことどんなふうに暮らしてるんでしょうか。

知るのがちょっと怖いっすw

>>結婚できないにはワケがある8話の感想

>>結婚できないにはワケがある。5話の感想

【2019年9月19日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました