今夜は離さないの感想

シンプルなタイトルです。

私はストーリーをタイトルや表紙からある程度予想してから読み始めるスタンスになってしまってましてww

男性が強引に迫り、主人公を離すつもりはないという流れだと思いました。

ところが!

TL漫画読みまくりの人間からして、無味無臭のそんな流れになるわけがなく。

この漫画は美波はるこさんが作ってるのでね(ニヤニヤ)

【2020年9月21日 記】

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは今夜は離さないのあらすじや結末のネタバレを含む感想です

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

まず、冒頭からグワっと鷲摑みされましたww

京子が自分の城に酔いしれているのが1ページ目。

次のページでは・・・

さっきの優雅なあなたはどこへ?みたいなw

京子から眉毛と目玉が消失。

黒い影のような残像が冷蔵庫と壁の隙間へ入り込んでいったのです。

そのせいで京子は一睡も出来ず。

京子は、名称を口にする事すらダメなようで・・・

侵入者と言ったり、勝手に居座るとか言ったりしたから、岡安が空き巣だと思ってますけどもw

京子は自分の城でのおひとり様ライフに満足していたのに、結婚願望が芽生えまして。

あいつのことばっか考えちゃう!?

あいつって呼んでる!?ww

岡安は京子が何におびえているのか分かったようです。

売り上げの話をしていたはずが・・・5期ぶり!?

数か月ぶりとか、数年ぶりとか、月日で言うことが多いと思うんですが。

あえて、わざとの、「期」で言うってww

周りから見ても、岡安は京子にだけなついているそうで(ニヤニヤ)

岡安の事より、今は5期ぶり。

「畑山京子は武器を手に入れた」と書いてあります。

ドラクエっぽいですけど、ひらがなじゃないんですねw

奮闘するものの退治出来ず。

ドラッグストアで岡安と会いまして。

畑山京子はモンスターと闘うために岡安を仲間にしましたww

キッチンの引き出しの奥を見て、業者じゃないとムリだと言ってるシーンがあるんですけども。

このコマを見て、既視感が!

youtubeで、京子みたいにあいつを怖がっていた人の動画を見た事があります。

その人は夜中に業者を呼んでました。

美波はるこさんも、もしかしたらその動画を見てたり・・・?それをきっかけに、この漫画を考えてたりして。

京子は岡安に抱きつきます。

岡安は下心があったそうです(ニヤニヤ)

いい雰囲気になっていきそうなところで、京子の背後で物音と黒い残像が。

怖くて京子が岡安に抱きつくと、岡安はスイッチオン!

好きって告白してます。

あいつがお菓子の袋に。

この時の岡安と京子の会話が素晴らしいです!

岡安は京子のセリフにドキドキ。

京子は、あいつの事に必死。

京子のセリフが、TL的なセリフにも聞こえるという見事な展開!

www

帰ろうとする岡安を京子が引き留めます。

これは、あいつが怖いからなのか、好きだからなのか、どっちなんでしょうね。

・・・両方かなww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今夜は離さないの感想や結末のネタバレが続きます

京子が岡安を受け入れまして。

さっきの京子のセリフが、今度は岡安の希望通りTL的な意味で使われます(むふふ~)

最後のコマ。

岡安との馴れ初めを同僚に聞かれるんですが・・・

言いたくないと京子が答えてるところでめでたしめでたし~。

馴れ初めを話すには「あいつ」の事も話す事になります。

だから言いたくないんでしょうね。

馴れ初めを言いたくないんじゃなくて「あいつ」を思い出したくないっていうww

岡安が告白してるところが好きです。

京子の無防備な姿が会社と別人でかわいくて好きになったって言ってるのがいい!

>>きみの胸に愛を誓うの感想

>>酒と恋には酔って然るべき4巻の感想

【2020年9月21日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました