今日から、君をシェアします。分冊版4巻の感想

こんなにも逆ハーレム!

イケメンに取り囲まれて、お姫様のように扱われるというのは、夢があっていいです♪

まだ、誰にも恋心は芽生えていませんが。

本当の意味での逆ハーレムは、もう少し先のようです。

【2020年4月8日 記】

今、Amazonの読み放題が3ヶ月199円か249円で利用可能になるキャンペーンをやってます。

Amazonの読み放題のページを見に行って、「3ヶ月199円」か「3ヶ月249円」という表示が出た人だけなんですよね・・・

私は・・・どちらも表示されなかった(涙)

表示された人がうらやましい~!

>>Amazonの読み放題のページへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは今日から、君をシェアします。最新話のネタバレを含む感想です


今日から、君をシェアします。
分冊版(4)

↑読むには「試し読み」をクリック↑

あかりは、フニフニショコラというパンを食べながら、ボケーっとしています。

フニフニショコラって、不思議な名前。

だけど、想像してみると、いい名前かもしれません。

ショコラが柔らかいのか、パンが柔らかいのか、両方とも柔らかいのか分かりませんが、美味しそうだなって思ったのでwww

酔っ払ってキス魔と化した新に、キスされてしまったあかり。

男慣れしてないあかりにとっては、消化できずに、みんなの顔を見ることが出来ない状態です。

オシャレして土曜日12時に駅前集合というグループラインが。

あかりが落ち込んでようとも、頭を悩ませていようとも、お構いなし。

いい女レッスンは遂行されるのです。

待ち合わせ場所に到着したあかり。

女性の人だかりを見つけます。

もちろん、その中心は、あの4人です。

今回は、デートをすることに。

1人30分ずつ。

まずは翔太朗と。

服を選び、試着室へ。

着せてもらって、あかりは鼻血を出し、服を汚してしまいます。

そして、買い取るはめにww

お次は、拓海。

公園を散歩中、ロケ現場に遭遇。

あかりは拓海に支えてもらって、撮影を見ます。

拓海が身体に触れるから、足に力が入らず、噴水に落下。

足がずぶ濡れにww

続いて、雅弘。

インスタ映えするかわいいアイスキャンディーを2人で食べます。

顔が近いことが恥ずかしくなったあかりは、雅弘の口にアイスキャンディーを叩きつけてしまいます。

食べかけのアイスキャンディーが棒から外れて、道に落下ww

最後は新。

バラの花束を受け取り、レストランで食事。

あかりと新は、口喧嘩を始めます。

周りで見ていた女性3人組が勝手なことをしゃべっていて、それを聞いたあかりは恥ずかしくなって逃げ出しました。

後を追う4人。

30分ごとの1人1人のデートは、さんざんな結果で終了。

お腹が減ったということで、みんなでご飯を食べます。

その様子を遠目で見てる女性3人組が、「羨ましい~」とか「デートじゃないでしょ」とか言ってます。

それに対して男性陣は「デートだよ」と答えます。

すごく驚く女性3人。

なぜか、あかりも驚いてますw

心臓がいくつあっても足りないみたいですというモノローグで4巻終わり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日から、君をシェアします。最新話の感想とネタバレはここまで

今の時期は鍋がおいしいです。

鍋に欠かせない野菜が白菜。

今年の冬は白菜が高い!

白菜だけではなく、葉物野菜が総じて高い!!

魚や肉よりも、白菜が高級食材となっている始末。

その点、きのこはいつも通り。

豆腐も同じく、いつも通りの値段。

湯豆腐、ばんざい!

www

>>今日から、君をシェアします。分冊版5巻の感想

【2020年4月8日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画

【2020年4月2日 記】

Amazonで本を読み上げてくれるオーディブルっていうのがあるんですが。

声優のラインナップをチェックしていたら、シチュエーションCD好きの私にとって胸が踊る名前を発見!

マーガリン天・・じゃなくて藤原祐規さんw

櫻井真・・じゃなくて福島潤さんww

他にも神谷浩史さんとか江口拓也さんとか、知ってる人たちがズラーッと。

しかも読み聞かせてくれるのが、ライトノベル!

難しい本じゃなくてラノベなのですw

たまりません(ニヤニヤ)

>>AmazonのAudible (オーディブル)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました