才川夫妻の恋愛事情 7年じっくり調教されました9話の感想

デレた千秋が最高でしたー(ニヤニヤ)

いいですね~いいです!

きゅんきゅんです。

おまけに、後藤も。

千秋も後藤も、どっちにもきゅんきゅんの9話です。

みつきにも惚れたぜ~ww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは才川夫妻の恋愛事情 7年じっくり調教されました最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

9話の表紙ですけれども。

後藤の肩に、猫ww

かわいいですね~。

肩に動物を乗せている人を見るたび、風の谷のナウシカを思い出します。

「怖くない、怖くない」なんつってww

みつきは、辞令が出て異動となってしまいました。

みつきのことを後ろから抱きしめて「嫌なんだけど」と言ってる千秋がかわいいですw

後藤の補佐として、先回りしていろいろサポートをするみつき。

電話をしているみつきを見ている後藤の顔。

みつきを惚れ直しちゃったかな。

すでに千秋のものなのに~。

不毛な片想いだこと。(ニヤニヤ)

後藤をメロメロにさせたところで、次は千秋です。

忙しくする千秋を見て「顔色が・・・」と声を掛けます。

誰も気づかなかったのにって、千秋は驚いています。

さすが、みつき。

さすが、嫁!

夫のわずかな変化を見逃しません。

千秋も、うれしそう。

こんな一瞬で、夫をメロメロにしたみつき。

まだまだ、みつきはメロメロにさせていきますw

千秋がプレゼンに勝つって、心から信じていて、後藤の前で笑顔に。

こっそり聞いていた千秋、メロメロ。

目の前で聞いてた後藤、メロメロ。

みつきは、2人を一撃で仕留めましたww

そして、この後、千秋が盛大にデレます。

千秋の貴重なデレ!

必見。

何度も読み返したくなるかわいさ。

寝ているみつきに、添い寝して~ほっぺをなでて~

「好きだよ」

千秋のその顔、反則ー!

絶対きゅんきゅんしますよ。

そんな顔を見せられたら。

目を閉じたままのみつきが、次のページで顔を真っ赤に。

かわいいです。

みつきが起きてることに気づき、千秋まで顔を赤くしちゃって~。

寝たふりを続けるみつきに、千秋は攻撃をしかけます。

仲良しこよし~。

そしてみつきに、「好き」って2回言ったー!?

起きてるみつきに!

やったー!ww

千秋は、みつきに甘えながら「プレゼン頑張る」って。

睡眠を取るよりも、大好きな奥さんとイチャイチャした方が、疲れが取れるってわけですかw

やれやれ。(ニヤニヤ)

プレゼンの結果は、千秋の勝利~。

後藤の切ない片想いの回想とモノローグが・・(涙)

千秋が出張で2週間離れ離れに。

1日目で、もうみつきは寂しがってます。

笑顔で送り出したくせにww

後藤は、チャンスだとばかりに、みつきを攻撃。

なんと、千秋の出張先には、元カノがいるんだとか。

みつきは、余裕な笑顔を見せて、去りました。

せっかくの攻撃も、みつきには何のダメージも無かったんだと、肩を落とす後藤。

独り言の「もう諦めたい・・・」は、いいですね~。(ニヤニヤ)

諦めたいけど、諦められないんですよね?

かわいそうに~(ニヤニヤ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

才川夫妻の恋愛事情 7年じっくり調教されました最新話の感想や結末のネタバレです

千秋の元カノの存在を知らされても、笑顔だったみつき。

あの余裕は、後藤の前でだけでした。

一人になったとたんの、このリアクション。

ショック受けてます~。

後藤の攻撃は、しっかりと、みつきにダメージを与えてましたww

「知らなかった!!!!」というみつきのモノローグで9話終わり。

元カノがどんな人なのか非常に気になります。

10話の予告が載ってるんですけど・・・

大学時代の話が千秋視点で描かれるそうです。

元カノは、大学の時の彼女らしいので、10話で見られるのかな?

千秋は、みつきに飽きられないために、結婚後にいろいろお預けしたりしてたわけです。

付き合ってる時は、甘々だったのかも。

10話の予告にあるイラストが甘々っぽい雰囲気ですし「2度めは優しくしたいと思った」って書いてありますし。

楽しみです!

>>才川夫妻の恋愛事情10話の感想

>>才川夫妻の恋愛事情の感想まとめ(目次)

>>才川夫妻の恋愛事情8話の感想

【2019年9月19日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました