整形シンデレラ23話の感想

健吾と林につながりがあったなんて。

・・・よく考えてみると、健吾はホストだからかっこいい髪型をキープするために美容院に頻繁に行ってそう。

健吾も女性との出会いを求めていて、林にそれとなく誰か紹介してほしいな~とか言ってたんでしょうかww

【2020年7月2日 記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

2ヶ月間で99円っていう安すぎる価格。

どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

え!うそ!?

読みたかったTL漫画がいっぱいある!?(驚き&喜び)

・・・マジですか。

99円で2ヶ月利用できるキャンペーンは対象者のみに表示されます↓

>>2ヶ月99円のAmazonの読み放題へ

危なかった。このタイミングで知って良かった。キャンペーンが終わってから知ったらのたうち回るところでしたw

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

これで梅雨と夏の楽しみを確保。

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは整形シンデレラ23話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

表紙は健吾と凛が見つめ合って・・・にらみ合っていますけどもw

よく見ると、凛のスカートと健吾のマフラーは、同じ柄!?

すでに仲良し!?ww

中身ですけども。

健吾が頼んだパフェ、美味しそう~。

かけてあるチョコレートの流れてる感じが、見ているこちら(私)の食欲をそそります。

罪なパフェ!

凛が暗い空気を出しているし、健吾もちょっと不機嫌な感じ。

その雰囲気を察しているのかいないのか、林はにこやかに話します。

ついに2人が言い合いを始めてしまいました。

なのに林はニコニコ。

健吾と凛に癒やされている!?

林は大物ですね~w

健吾は、店での凛の態度を根に持っています。

寿司屋で、こんなものを本当に生で食ってるって騒いでいる人を例に出し、凛を責めます。

見下してる、と。

言い返そうとする凛ですが、言葉を飲み込みました。

そして健吾に言われた事について考え始めます。

店にいた全員を無意識にジャッジして、劣等感を持ちながら、見下していた事に気づいた凛。

そういう目に合って来たのに、いつの間にか自分がそっち側に回っていた。

凛は健吾に頭を下げます。

あっけにとられる健吾w

謝り、反省し、伝票を持って凛は去って行きました。

凛が帰った後も、健吾はあっけにとられたままw

林がにこにこと、この後の凛の様子を予想。

林の予想通り、凛は電車の中で自己嫌悪と1人反省会です。

林は、健吾の心境も予想。

あんなふうにすぐ自分の非を認めて謝れる人だと分かっていたら、ケンカ売るみたいな言い方しなかったのに、的な。

健吾も帰りに1人反省会するタイプなんですね~。

これで凛と健吾が会うこともない・・と思ったら。

なんと凛が、菓子折りを持って店に!?

林は、こうなることも予想してたんでしょうかw

凛が持って来た菓子折りを見て、健吾が大笑いします。

何十万のシャンパンの封が簡単に開けられてしまう店に、18個入約2千円。

辞めたSAKUYAの代わりに、健吾がお菓子を受け取ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

整形シンデレラ23話の感想や結末のネタバレが続きます

健吾も凛に謝りました。

接客の悪さについてと、一方的に凛を責めた事について。

これで和解でしょうか(ニヤニヤ)

健吾が凛に微笑みます。

凛のモノローグが・・・(ニヤニヤ)

いい雰囲気になったり、またケンカっぽくなったりw

凛は、菓子折りを持って店に謝りに行った事を寺島に報告。

寺島は、きれいな凛さんと一緒にいましたww

主人公の凛の話になると、きれいな凛さんも流せずw

この後、きれいな凛さんは寺島に事情をしっかり聞くんだと思います。

主人公の凛の新しい世界が開けててしまいそうなところで、23話終わり。

凛に向けた健吾のあの微笑みは、営業スマイルではなくて自然に出たっぽかったな~(ニヤニヤ)

凛といい感じになりそうです!(ワクワク)

>>整形シンデレラ24話の感想

>>整形シンデレラの感想まとめ(目次)

>>整形シンデレラ22話の感想

【2020年7月2日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました