わたしの好きな人は、2話の感想

京と付き合ったら、楽しいだろうな~。

そう思わせるシーンがいっぱいです。

莉乃ー、ダメだ~!

ヒロと比べたらダメー!ww

京の方がいいに決まってますから。

【2020年8月4日 記】

今、Amazonの読み放題が199円か299円で利用可能になるキャンペーンをやってます。

Amazonの読み放題のページを見に行って、「199円」か「299円」という表示が出た人だけなんですよね・・・

私は・・・どちらも表示されなかった(涙)

表示された人がうらやましい~!

>>Amazonの読み放題のページへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはわたしの好きな人は、2話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です


わたしの好きな人は、 2

↑読むには「試し読み」をクリック↑

2人は雨の中を歩きます。

相合い傘ですよー。

なんと、この相合い傘、わざとなんですってー。

莉乃ともっと話したかったからチャンスを作り出したんですってー。

2人きりになりたかったんですってー。

分かりやすいアプローチ。(ニヤニヤ)

莉乃に「策士」と言われて、京はかわいく笑ってますよ。

莉乃がときめいても仕方ない。

彼氏がいるのか、聞いてるー(ニヤニヤ)

もうそれって、そういうことじゃないですかー。

莉乃は、結婚することを決めた相手がいるわけですけども。

返事は、「うん いるよ」ではなく、「秘密」って!?

莉乃は、自分の返事に自分でつっこんでますw

会社のみんなでカラオケ。

京は先に座っていて、莉乃を見つめながら、隣をポンポンって。

「隣どうぞ」というジェスチャー!

かわいいじゃないですか~。

莉乃は、そっぽを向きます。

ムッとする京。(ニヤニヤ)

この感じ、たまりませんね~。

京は、莉乃に彼氏がいることを知ります。

ついでに、婚約したことも。

その表情は、何?(ニヤニヤ)

莉乃は京と離れた位置にいますけど、京のことを気にしてますね~。

カラオケで盛り上がってるうちに、莉乃が眠ってしまいました。

目を覚ますと、京とカラオケルームで2人きり。

あんなに莉乃にアプローチしていた京ですけども。

婚約者がいることを知ったので、やめることにしたみたいです。

あらら~残念。

好青年ですね~。

関係無いって感じでガンガン迫ったりしないんですね。

そういうところを見せられると、困りますよ、こっちは。

ヒロより京と結婚した方がいい!ってすごく思いますから。

京が莉乃に迷惑になるかもしれないと考えて、送っていかずにタクシーを呼んだところとかも。

フラフラする莉乃に、一瞬手を伸ばすんですが、引っ込めます。

切ないですね~。

もっと切ないのが、その後です。

莉乃は、今日の一連の言動は誰にでもそうなのかと、京に聞きます。

京は、その質問に「そうですね」と下を向いて答えるんですよ。

そんなわけないって分かる感じで。

莉乃も、それが分かった様子。

ヒロのプロポーズにオッケーする前だったらな~。

莉乃~(涙)

京~(涙)

楽しかったねと言い合って、別れます。

見送る京の表情ー。

ちょっと笑顔?

悲しげな目をして。

泣けるんですけどー。

莉乃もタクシーの中で、悲しげな表情に。

ヒロに電話をかけます。

「私が好きなのは この人だ」と思いながら。

この時のヒロの受け答えは、優しかったですww

「寝てんだよ」とか文句は言わずw

気をつけて帰れよって、莉乃に気遣いの言葉をかけてます。

ヒロも、そういうこと言うんですねw

莉乃は、いつものメンバーに誘われます。

その中に、京がいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

わたしの好きな人は、2話の感想や結末のネタバレです

友達として、楽しい時間を過ごします。

京も、莉乃も、心にブレーキをかけてる感じ。

あくまで友達。

2人とも、えらいですよ。

京は、莉乃のいいところを話します。

それにぐっときちゃった莉乃。

思考がやばいですよ。

「ヒロくんは そんなふうに私を見てくれない」

それは思っちゃダメなやつー!

京の腕を莉乃がつねって、京が痛がって、微笑ましいシーンで2話終わり。

3話に続きます。

>>わたしの好きな人は、3話の感想

>>わたしの好きな人は、の感想まとめ(目次)

【2020年8月4日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました