美少年、いただきました20話の感想

20話は、美少年をいただいていますし、美少年にいただかれてもいますねww

美少年が美少年であることを武器に、猛アピール。

「かわいい怜央きゅん」と「キリっとした美少年」と「いたずらっこ」と「真顔の真剣モード」の使い分け。

圧巻ですww

【2021年6月12日 記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

対象者の人は、3ヶ月間99円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは美少年、いただきました最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

19話で「覚悟しといてね」と言っていた怜央。

覚悟しなければいけないくらいのことをするつもりなのか!?

ドキドキで20話を見てみると・・・すごかったw

本気でした。

20話の表紙が、それを表しています(ニヤニヤ)

2人の顔がものすごく近くて。

怜央が佑香の顔をつかんでます。

表情は真剣。

まっすぐ佑香の目を見つめる怜央。

20話のタイトルが『背伸びしなくても』ということで(ニヤニヤ)

20話の冒頭。

強い風の中、美しい少年が佑香の前に登場w

あまりの破壊力に、佑香、ぶっ倒れてしまいましたww

佑香のリアクションに大満足の怜央。

「先生 俺のこと好きになったー?」と言っていて、かわいい~(ニヤニヤ)

急に子供みたいになっちゃって。

さっきの風に吹かれていた時とは別の魅力にきゅんとなっていたら。

次のページ。

佑香に近づいて、キリっとした顔に。

佑香の顔が赤くなったことをからかって、楽しそうに笑っています。

ほんの数ページっで、怜央の様々な表情を見られて、私も佑香みたいに後ろに倒れそうですよww

怜央の攻撃が終わりまして。攻守交代!?

今度は佑香が怜央に仕掛けます。

怜央きゅんを全力で嗜む自分の姿を見せる作戦。

目的は、怜央をドン引きさせること。

そうして、あきらめるよう仕向けようというわけです。

思う存分、嗜む佑香。

佑香のリクエストに応えて、佑香に協力している怜央も変ですwww

佑香に向かって手を振ってあげたり、西日を背にして窓際で風に吹かれてあげますww

怜央きゅんを全力で嗜む佑香は、とんでもないことになってます。

息が荒くなり、服は乱れて、汗もかいていて、周りには薔薇が。

怜央きゅんにメロメロの佑香の姿を見た怜央こそ、ヤバイ、みたいな。

2人共、お互いの魅力にヘロヘロになってますw

そこに、忘れ物を取りに来た女子生徒が。

怜央は佑香を後ろから抱きしめて、とっさに隠れます。

女子生徒が帰って行っても、佑香を離しません(ニヤニヤ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美少年、いただきました最新話の感想や結末のネタバレが続きます

ドキンドキンの文字がいっぱい。

この鼓動の音は、佑香のものでしょうか?

それとも怜央?

怜央は佑香を抱きしめた状態で「好き」と言います。

佑香の心が、揺らいでます!

怜央は生徒だし、弟みたいな存在。

そう思う反面、「そんな気持ち」が芽生えているようです。

必死に否定しようとしてますけども(ニヤニヤ)

怜央の「好きだ」という吹き出しの横で、佑香がかわいい表情をしているところで20話終わり。

もうすでに佑香は、怜央に心を持っていかれてるんですけどね。

この感じだと。

なのに、往生際が悪いww

怜央が気持ちを示し続けるから、佑香もたまったもんじゃないでしょうw

何度も気持ちをストレートに伝えられたら、心に響きますよね、そりゃね。

佑香は「そんな気持ち」を爆発させてしまうのか!?

それとも、社会人としての責任や理性で耐え切るのか!?

次が楽しみです!

>>美少年、いただきました22話の感想

>>美少年、いただきました19話の感想

【2021年6月12日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました