秘密のフジョシ2話の感想

表紙には男性陣3人がトランプとなって並んでますけども。

音々が最終的に誰とくっつくか、分かりませんね~。

少女漫画は普通、表紙でネタバレしてるはずなのに!w

【2021年3月5日 記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

2ヶ月間で299円っていう安すぎる価格。

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは秘密のフジョシ最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

音々がパソコンに向かっています。

BL小説を執筆中です。

しかし、前回と違って筆が進まず。

前回は凛と力のおかげで、想像が膨らんでガシガシ書けたようですが。

今回は、トラウマである元カレが新人として会社に入ってきたという情報を得て、気が気じゃないんでしょうね。

投稿サイトを眺めていると、メッセージが。

小説を読んでくれた読者からの感想です!

楽しみに待ってるって書いてありますね~。

一気に音々のテンションとやる気が上昇。

そうですよねww

書く気力がわいてきたけれど、凛と出かける予定があるそうで。

待ち合わせ場所で、元気に手を振る凛。

音々が引いてますw

特におしゃれもせず来てしまった事を、音々は心配します。

過去に服装について元カレに注意されてたんですね~。

しかし凛は気にしないどころか、かわいいって音々を褒めます。

そういうのも俺は好きって!

天然なのか、わざと狙って言ってるのかw

音々は凛にときめくのかと思ったんですが、感心してます。

全部工程から入る凛の柔軟性に。

こんな人が彼氏だったら毎日が楽しかっただろうと思う音々。

凛はコミケみたいなやつを音々と一緒に満喫。

もしかしたら音々以上に楽しんだのかもしれませんw

カルチャーショックを面白がれるって、すごいですね~。

凛は、音々に売る方で参加する事をすすめます。

周りの価値観に無理に自分を合わせようとしなくていい、と。

音々は、自分の心がふわっとしてくる感じがします。

凛は一種のアロマテラピーww

音々が、凛の恋人がうらやましいってポロっと言うと、凛は恋人がいないって言います。

凛は、広く浅くっていうタイプだと自己分析してまして。

自分の事を恋人にはオススメ出来ないって言ってますww

次参加する時は、音々の手伝いで売り子になるつもりだそうで。

家でのんびりにながら、音々は凛との会話を思い出します。

応援してもらってるわけですからね~。

けれど、自分の作品を売るっていうのは無理だと思ってます。

自分の殻を破れないって。

弱気になってるところに、感想メッセージが。

音々の作品が発行されたら絶対買うって書いてありますね~。

ちょっと音々の心が動いた様子。

しかし、本が売れないかもしれないって思ってしまってます。

会社の中で、元カレとバッタリ。

精神的なダメージを受ける音々。

普通にしたいのに、普通に出来ていませんw

元カレは、音々に付き合ってる人がいるのか気になってる様子。

凛と力は、並んで食器を拭いていました。

凛は音々と出かけた日の事を力に話します。

楽しかったから、今度は力も一緒にって誘うんですが・・・

お邪魔虫になりたくないって言って力は断ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秘密のフジョシ最新話の感想や結末のネタバレが続きます

面白い冗談だとかわす凛。

本当に音々の事はなんとも思ってないんでしょうか?

凛は、なんでも楽しんだ方が得だと考えているそうで。

確かに。受け身じゃなくて、自分から積極的に楽しもうとするっていい事です。

力が、そうですねって相槌を打ったところで2話終わり。

まだ2話なので、みんな横並び。

音々は、誰ともくっつかなかったりしてw

>>秘密のフジョシ3話の感想

>>秘密のフジョシ1話の感想

【2021年3月5日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました