触れたい、できない最終回6話の感想

微笑ましい五郎丸とリッカをもう少し見ていたかったですが。

むしろ、ここからでしょ!と思ってしまいましたがww

完結しました。

おかげで、ハッピーエンド後の2人がどんなふうに甘い時間を過ごすのか、想像がとめどなくあふれてきますww

【2019年10月15日 追記】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

3ヶ月間で199円っていう安すぎる価格。

どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

え!うそ!?

読みたかったTL漫画がいっぱいある!?(驚き&喜び)

・・・マジですか。

199円で3ヶ月利用できるキャンペーン↓

>>3ヶ月199円のAmazonの読み放題へ

危なかった。このタイミングで知って良かった。キャンペーンが終わってから知ったらのたうち回るところでしたw

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

これで秋の夜長の楽しみを確保しましたw

今から3ヶ月ですから秋だけじゃなく冬まで!?

寒い冬もゆったりと家で心穏やかに過ごせます。

今年の秋冬は、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは触れたい、できない最終話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

触れたい、できない 6

触れたい、できない 6

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

五郎丸がリッカに触れようとしたところで電話が。

いいところだったのに!w

それから、リッカは累と仲直り。

ラインで。

五郎丸とは面と向かってちゃんと話したのに、累とはラインだけで終了w

五郎丸にもラインしなきゃってなるんですが、最初のメッセージは何を送ればいいのかすごく迷うリッカ。

累にはラインできたのにww

ようやくメッセージを送信。

すぐに返信が。

五郎丸はリッカからのラインを待っていたんでしょうかね~(ニヤニヤ)

五郎丸からの優しいメッセージに、リッカが顔を赤らめています。

頑張れっていうゴリラのイラスト!w

これは五郎丸が送ったスタンプでしょうw

「伝えたいことがあります」ですって!?

最終回ですし、このタイミングですしー(ニヤニヤ)

伝えたいことが何なのか言われなくても分かりますよ~。

胸きゅんの期待が高まりますね~w

リッカは仕事に集中。

見事、連載を獲得。

そして、待ちに待ったその日がやって来たのです!ww

「先生が好きだから」って、はっきりと言葉にしました。

リッカは五郎丸に告白。

その後、背を向けて走り出したー。

言い逃げ!?

当然五郎丸は呼び止めますw

リッカの告白が済んだということは、次は五郎丸の番ですね(ニヤニヤ)

五郎丸はどんな言葉で気持ちを伝えるのか。

ワクワクドキキキ。

かわいいのにかっこいいリッカを反則だと言いました。

リッカにお願いされて、五郎丸が手を伸ばします。

リッカの頬に触れた!

冒頭では電話に邪魔されましたが、今回は成功ですww

何日か経過した模様。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

触れたい、できない最終話の感想や結末のネタバレが続きます

数ヶ月かもしれませんw

リッカは原稿を送った後、おめかしして待ち合わせ場所へ。

デートですか!?

五郎丸と手をつないで歩いているところで終わり。

めでたしめでたし。

ハッピーエンドです。しかし、この2人の今後も見たかった。

五郎丸には安心して身を任せられるリッカとか。

まだ怖がる時があるリッカを、リッカの様子に最新の注意を払いながら五郎丸が優しく距離と詰めていくところとか。

リッカが本当に大丈夫になるまで距離を保とうとするけれど、彼女のかわいさに耐えられなくなって・・・

でも彼女が大切だから歯を食いしばって抱き締めたいのをガマンするところとかww

実はすでにリッカは五郎丸に関しては全部大丈夫になっていて、いつでもウエルカム状態だけど、いっこうに五郎丸が手を出してこないことにじれてリッカから・・・みたいな!

だめだ。

少女漫画好きな脳みそが、勝手に少女漫画あるあるを並べ立てて、いろいろと想像が止まりません。

キリがないので、この辺で。

www

>>触れたい、できない1話から5話の感想

【2019年10月15日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました