黒伯爵は星を愛でる1巻から10巻までの感想

一気に1巻から10巻を読みました。

レビューが評価が高かったので、期待して読み始めました。

あまーい!!

溺愛です。

きゅんきゅん出来る漫画です!

そりゃレビューの評価がいいわけだ。納得。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは黒伯爵は星を愛でる1巻から10巻までのあらすじと結末のネタバレを含む感想です


黒伯爵は星を愛でる 1

↑読むには「試し読み」をクリック↑

3巻まで読んだところで、ふと思ったことがあります。

これ、「狼陛下の花嫁」に似てる。

まず、主人公が一般庶民であること。

そして、ウソの花嫁になるということ。

実は、夫の方はとっくに妻を本気で好きなのに、妻の方は「偽の花嫁なんだから、その役割はまっとうしないと!」と思っているところ。

あと、夫がキスしたり、抱きしめたりすると、すごく恥ずかしがるところ。

時に、キスを断るところww

夫は、妻をお姫様だっこで連れていくこと。

側近の人が見ていようとも、お構いなしで、妻といちゃつくところ。

側近も、それを冷めた目で見つつも、容認していること。

妻が、危険な目にあった時には、遠くの地でも駆けつけて助けるところww

夫の方は、育った家庭環境が気の毒。

似てるところが結構あるな~と思いながらも、楽しめました。

溺愛がいいです。

ニヤニヤするばかりですね。

レオンがエスターを迎えにくるまでは、ポールにちょっかいを出されてました。

ポールは、あっさりとレオンにエスターを取られてしまったという。

ポールだって、けっこう情熱的にエスターを口説いていたと思うんですけど。

やっぱり顔か!?

そして、金か!?

地位か!?

エスターは、顔と金と地位でポールよりもレオンに落ちたのか?

なんてことを思ったりしてwww

読みながら、逆転劇を期待していましたが、そんなこと、あるわけない!

むしろ、ポールが再び出てくるかどうかも、危うい。

ポール・・・

10巻では、ついにエスターとレオンが結婚しました。

エスターはお父さんと再会出来ましたし。

エスターの両親の馴れ初めが10巻で描かれています。

ジェイルとメグの出会いなど。

こっちのカップルも、溺愛です~。

ジェイルとメグの恋愛にきゅんとしました。

無口で大柄なジェイルが、小柄で働き者のかわいいメグにアプローチしているのは、きゅんきゅんせざるを得ないでしょうよ!

レオンとエスターよりも、ジェイルとメグのストーリーをもっとがっつり読みたくなるほどに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒伯爵は星を愛でる1巻から10巻までのネタバレと感想

あとは、アルについてが残ってます。

アルは、なぜエスターを残して出ていったのか。

なぜクリスのところにいるのか。

そこで何やってるの?

すごく気になります。

エスターにはレオンがいるように、アルにも良い人が現れたらいいのにな~。

アルは淡々とした性格をしてますが、ジェイルの遺伝子が入ってるわけです。

恋をしたらアルも、好きな人を熱烈に愛するんだろうな~。

そんな感じで、勝手に想像が膨らんでいきますww

次巻を早く読みたいです。

>>黒伯爵は星を愛でる11巻と12巻の感想

【2019年9月19日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました