教えてください、藤縞さん12話の感想

りおは吉埜と新婚ごっこで、いい感じになってます。

その反動で、藤縞とは険悪に。

吉埜が自分に気があるとはさらさら思ってないし、藤縞が怒ってる理由も分からない。

りおは相変わらず鈍感です。

・・・小説家なのにww

【2019年12月9日 追記】

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

3ヶ月間で99円っていう安すぎる価格で登録できるのは今日まで!

>>3ヶ月99円のAmazonの読み放題へ

危なかった。このタイミングで知って良かった。キャンペーンが終わってから知ったらのたうち回るところでしたw

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

これで年末年始の楽しみを確保しましたw

今から3ヶ月ですから年末年始だけじゃなく春先まで!?

これで寒い冬もゆったりと家で心穏やかに過ごせます。

来年の春先まで、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは教えてください、藤縞さん最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

吉埜の面倒を見るために、りおは張り切って出発。

荷物をゴロゴロさせて吉埜の家に向かってる様子が勇ましいww

ちょっとガニ股!?

眉毛もつり上がっているし、髪の毛も逆だっている。

怒ってるんでしょうか!?ww

道中、藤縞に電話。

りおはガラケーなんですねw

「藤嶋さんだ」というモノローグが入ります。

かわいいです~(ニヤニヤ)

藤縞と話せたことが嬉しいんですね~。

りおは、吉埜の家に行く事情を藤縞に話します。

そしたら、藤縞が取り乱すんですよ(ニヤニヤ)

いきなり藤縞が大声を出したものだから、周囲が驚きます。

それに気付いて、藤縞は声を抑えるんですが・・・

また大きくなってしまうww

なぜなら、りおが言うことをきかないからw

藤縞が怒ってる理由が分からないんですって。

さすが主人公w

藤縞に電話を切られてしまった後、りおも怒ってます。

待ってましたとばかりに、吉埜が笑顔でお出迎え。

藤縞との電話を引きずっているりおは、黒い空気をまとってますw

2人でキッチンで、コーヒーを淹れたりなんかして。

身長差!!

お似合いです。

吉埜の提案で、新婚ごっこをすることに。

なので、名前で呼び合い、敬語も禁止。

吉埜が「りお」と呼びます。

そしたらりおの顔が真っ赤に。

吉埜を意識したからかな~と思ったんですけど・・・

りおが赤くなったのは、藤縞に「りお」と呼ばれた時のことを思い出したから。

そうか~、藤縞のせいか~。

吉埜が気の毒・・・w

「りおちゃん」「ひかるくん」と呼び合うことになりまして。

「今敬語使った!」と指摘したり、楽しそうです。

りおは吉埜と2人きりでも、まったく緊張もなく、普段通り。

吉埜の方も普段通りに見えますが、ひょっとすると実は緊張したり意識したりしてるけど、りおを困らせないように、楽しい雰囲気になるように心がけているのかもしれません。

その頃、藤縞は・・・

りおが自分の彼女だったら、吉埜の家に行かせないのにな~と考えながら、頭を抱えてますw

りおが吉埜に手を出されるんじゃないかって心配で仕方ない様子(ニヤニヤ)

振り回されてますね~。

いいぞいいぞーww

りおが作ったオムライスは焦げてしまったようです。

咀嚼している音が「バリ」「ゴリ」「じゃりぃ」とかになってます。

オムライスを食べてるとは思えない音w

じわりじわりと吉埜が、りおにアプローチ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

教えてください、藤縞さん最新話の感想や結末のネタバレが続きます

りおはドキドキしてます。

藤縞が優勢だったのに、逆転!?

りおは結構吉埜にグラグラきてるみたいです。

最後のページ。

吉埜は、果敢に攻めました。

新婚なら一緒に寝るけどどうしようか、と。

吉埜の表情、かっこいい~。

ドキっとしましたw

ここで12話終わり。

なんとなく、りおだったら「そうですね。狭いですけど、大丈夫ですか?」とか言って、あっさり添い寝しそうな・・w

次も楽しみです。

>>教えてください、藤縞さん14話の感想

>>教えてください、藤縞さん11話の感想

【2019年12月6日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました