結婚×レンアイ24話の感想

24話は詩保視点でした。

22話の続きで、誠視点だった23話がありまして。

今回は、22話の続きで、詩保視点です。

23話を詩保の視点で繰り返してる感じなので、ストーリー的にはあんまり進んでません(汗)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは結婚×レンアイ最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です


結婚×レンアイ。story24

↑読むには「試し読み」をクリック↑

ご飯も洗濯も掃除も別々にしようと詩保が言い出した時の誠のリアクションですけども。

無言の2コマがありまして。

その後、誠の後頭部しか見えません。

どんな表情をしているのでしょうか。

読者は、それを想像するしかありません。

ただ、手掛かりがあります。

角度的に詩保は見えています。

誠の顔を見て、ドン引きしてるんですよね~w

そうですか~・・・

「では」じゃなくて「でも」と言っておけばよかったと誠は思ってますが、詩保にとってはどうだったのかが分かりますww

そして誠の料理攻撃が始まります。

「伊達に9年かけて餌付けした訳じゃない」と誇らしげだった23話の誠を思い出してしまったほど、見事な料理が並びます。

そんなにも毎日作ってたんですね~。

誠の思惑通り、詩保はかなりグラグラw

忍耐力をフルにつかって、なんとかこらえたけれども、内心はめちゃくちゃ食べたかったという。

カニクリームコロッケをスルーされて、23話の誠は混乱していました。

詩保の方も、スルーせざるを得なかったことがつらくて泣いてます。

さすが、伊達に9年餌付け・・・ですねww

ただし、泣くほどつらいのに、食べなかったわけですよ。

なぜそこまで。

その理由は・・・

23話で先生が言っていた「毎日 朝晩2回ずつ」と、「誤解だけど 間違ってはいない」っていうのを思い出しましたww

詩保は、そういうのが嫌だったんですね。

ミツは詩保の話を聞いていて、あきれてます。

まあ、そうですよね。

なんか、ちょっと離れて詩保の言葉を考えてみれば・・・

惚気!?みたいなw

キレイな顔をした若い男性は、いくらでも女性が寄ってきて、よりどりみどり。

なのに、年上で家族の詩保を選んだ。

よりどりみどりの中から、詩保を選んだんだとミツは言います。

非常にうらやましいお話で。

ミツの方の恋愛がチラっと出てくるんですけど。

ミツのことも気になりますが、今は詩保と誠が最優先!w

23話の最後のシーンが、24話でも出てきました。

詩保の視点で。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結婚×レンアイ最新話の感想や結末のネタバレです

泣いた理由。

護がいないのに、毎日が楽しい。

誠と一緒にいて、毎日が楽しい。

護がいないのに。

護がいなくても。

誠が「僕がいないと生きていけない」って認めろと言っていましたが。

たぶん、詩保はその言葉で泣いたんじゃないと思います。

誠がいないと生きていけないかもしれませんが。

護がいなくても幸せに生きていけている。

それを認めたくなくて、泣いた。

詩保の心境は、複雑~。

「これ以上 前に進みたくない」というモノローグで24話終わり。

なんか、ここでミツの恋愛エピソードが挟まってきそうな予感(汗)

詩保と誠を置いといて、番外編的な感じでミツが主役で。

ミツの話も読みたいですけど、このまま詩保と誠にスポットライトをあてていてほしい・・w

次も楽しみです。

>>結婚×レンアイ25話の感想

>>結婚×レンアイの感想まとめ(目次)

>>結婚×レンアイ。23話の感想

【2019年8月17日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました