きっと愛してしまうんだ。3巻の感想

ひょんなことから、同居生活が始まった2人。

この「ひょんなことから」始まるってのが、少女漫画らしくていいですw

そして、同居した2人って、いったん同居が解消されかかった時から関係が動き出すんですんだよな~・・・って、あ!タイトルが「きっと愛してしまうんだ。」でしたwww

【知らなきゃ損】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

対象者の人は、3ヶ月間99円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはきっと愛してしまうんだ。最新刊のネタバレを含む感想です


きっと愛してしまうんだ。 3

↑読むには「試し読み」をクリック↑

この3巻で、ようやく二人の関係がはっきりします。

出張が決まって急遽家を空けることになった谷地。

歩は今まさに谷地に告白しようとしているところで

「ごめん時間」

そう言って谷地は歩の言葉を止めます。

せっかく告白しようとしてたのに何止めてんだよ!と思ったのですがw

次のページで谷地は歩にキス!

この時、歩と谷地は横顔になっているのですが、歩は前髪の線があって目が見えるという状態になってます。

言葉にはしていないけれど、態度で伝わった様子。

もう二人は両思い。

そんな時に歩の元彼がよりを戻そうと言ってきます。

きっぱり断る歩。

前髪でも隠れない歩のキリッとした目!

出張先から電話をかけてきた谷地。

寂しいって言わせたかった、と。電話でイチャイチャしちゃってー。

電話が切れた後で歩が、「いなくて寂しいよ谷地くん」と言っています。

いやはやお熱いことで。

歩が谷地への思いを募らせている時に、帰って来た谷地とばったり。

歩が何か言おうとすると、さきに谷地が動きます。

「俺と付き合って」

「好き」

「私も谷地君が好きです」

二人ともはっきりと言葉にしました!

その後二人は見つめ合って優しい顔で

「おかえり」

「ただいま」

良い雰囲気です!

谷地からのお土産はネックレスでした。

歩は会社につけてくるのを忘れます。

歩がはっきり断ったにもかかわらず、元彼がまた迫ってきました。

谷地は付き合ってと言う返事をもらっていないこと気にしています。

この辺りは、読んでてヤキモキ。

歩は改めて、彼女になりたいって言いました。

そこからはイチャイチャしてますww

仕事が早く終わって観光する二人。

手をつないで歩いて、初詣に行く約束をします。

歩がお爺ちゃんと三人でて言うと谷地は

「初詣は二人で行きたいって言うくらいもっともっと藤田が俺のこと好きになってくれますように」

と言いました。

そしてホテルに泊まることに。

「今日はいつもよりずっと近くで眠れるね」と言った歩の言葉で、そういうモードに。

ところが谷地は寝不足がたたって、倒れこむように眠ってしまいます。

それからバレンタイン。

雪道を歩く歩。

谷地にあってチョコレートを手渡しました。

谷地は何も言わず受け取り、歩を抱きしめます。

歩も抱きしめ返し

「嫌われるのが怖かったけど」

「今はもうあなたに全て見て欲しい」

バレンタインは女の子の勇気を届ける日って言うことで 3巻終わり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きっと愛してしまうんだ。最新刊の感想とネタバレはここまで

絵が独特です。

歩は前髪が長いです。

横顔について引っかかったことが・・・ww

前髪があって、前髪の中に目があるような感じになってます。

他の漫画の話ですけど、メガネをかけているキャラクターの横顔で、メガネの柄の部分が消えるみたいな感じw

本当だったら隠れて目が見えないんですけど。

目が見えないと漫画って駄目なのでしょうかww

そんなことを思いながら読んでいましたw

>>きっと愛してしまうんだ。4巻の感想

【知らなきゃ損】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました