わたしの幸せな結婚4話の感想

4話も2話の時と同じように、美世の小さい頃の回想からスタート。

当然、楽しい思い出ではありませんw

今回は、香耶がちやほやされていて、扱いの違いが強調されています(涙)

継母は我が子を特別扱いするのは分かりますが、美世のお父さんまでも美世に見向きもしないという・・・

【2020年9月29日 記】

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはわたしの幸せな結婚4話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

わたしの幸せな結婚【分冊版】 4

わたしの幸せな結婚【分冊版】 4

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

美世のお父さんは香耶を生んだ継母に優しく笑いかけています。

こんなところを見せられたら。

周りに香耶と比べていろいろ言われてしまえば。

いらない子だと思ってしまうのも仕方ない。

誰かー!

誰か美世に優しい言葉を掛ける人はいないのかー!?

読んでて苦しくなってきた時に、その人は現れました。

花は、うずくまって泣いている美世の頭をなでています。

そんな貴重な存在が、なんと早々に継母に解雇されていた、と。

そんな~(涙)

2話と同じく、この回想は美世の悪夢でした。

布団をたたみながらのモノローグが悲しい。

使用人からもらった着物の背中の部分が破れてます。

嫁いできたので、もう使用人から着物をもらうことが出来ません。

この着物をとことんまで着るしかない。

そんな状況だなんて(涙)

早く久堂、何とかしてくれー!!w

久堂は、朝食を美世に作れと言ったそうな(ニヤニヤ)

そうですか~(ニヤニヤ)

ゆり江と美世が2人で台所に立つ姿、いいもんですね~。

朝食の準備が整った時、久堂があらわれます。

ナイスタイミング!

朝のあいさつもきちんとして。

正座して食べてます。

凛々しい~。

お箸を持ち上げるところが描かれていまして。

きちんとしてるのって、いいですね~。

清々しい空気が心地よいです(にこにこ)

久堂は、美世も一緒に食べるように言います。

謝りかけて、止める美世w

久堂の、謝るなっていう命令を思い出したんでしょうww

久堂は美世が作ったごはんを美味しいと言います。

わー泣いちゃった~。

美世の涙は止まりません。

考え込む久堂。

そうですよね、褒めたのに泣かれてしまったのでねw

うれしくて涙が出てしまったんだと美世は説明します。

美世の境遇を知らない久堂にとっては、余計、謎を深めることになりましてww

じわりじわりと美世のことが分かってきてますね~(ニヤニヤ)

久堂は美世について、調べることにしました。

その様子に、ゆり江はにっこり。

久堂と美世がうまくいくのも時間の問題です(ニヤニヤ)

この先の「わたしの幸せな結婚」生活を勝手に想像してドキドキしてきましたー!ww

実際に見られるのはいつになることやらw

楽しみに待ってまーす♪

斎森家では、何やら揉めているようで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

わたしの幸せな結婚4話の感想や結末のネタバレが続きます

辰石が美世を狙っている!?

美世のお父さんは、辰石と久堂を比べて久堂を選び、美世を嫁にやったんですか。

知らないところで美世がモテモテw

辰石は美世をあきらめてないんですね。

美世のお父さんは美世を捨てたも同然って言ってますよ。

ひどいー!(涙)

美世が追い出されたら、辰石が拾う気らしいですw

ここで4話終わり。

久堂が美世を手放すハズないでしょうが!

辰石のこの様子だと、のちのち出てきてめんどくさいことになりそうだな~。

その時はきっと、久堂がかっこよく美世を守るんだと思います。

今から楽しみですww

>>わたしの幸せな結婚5話の感想

>>わたしの幸せな結婚の感想まとめ(目次)

>>わたしの幸せな結婚3話の感想

【2020年9月29日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました