執着eye2の感想

タイトルからしてヤンデレ臭がプンプン。

あまりというか全然ヤンデレが得意ではないので、ちょっと身構えながら聞きました。

佐和真中さんの声が好きだから。

今回の佐和真中さんの声は、可愛らしい系です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここから執着eye2の感想にネタバレを含みます

キャストコメントが入っています。

普通は本編から聞くのでしょうけど、キャストコメントから聞く私ww

タイトルコールの後の「今お腹の音がなっちゃった気がする」っていう言葉に、ほっこり。

収録を終えた佐和真中さんの一言。

「あー心がつら~い」

そうですか。そんな感じの内容なんですね。

本編を聞く前に、その佐和真中さんの一言で心構えができました。

トラック1はヒロインに優しく話しかけています。

ヒロインのことを、先輩って呼んでます。

冒頭からしっかり病んでいるのかと思いきや、普通だった。

ヒロインは記憶を失っているようで、トラック1の最後で再び眠りにつきます。

トラック2以降は、ヒロインが見ている夢?

っていうか、過去の記憶?

千紘は、そこでもいたって普通。

冬ノ熊肉さんが演じている保科という人物が出てきてから、嫉妬で千紘の病みが表面に出てきます。

ここからヤンデレのお時間です

ヒロインを追い詰めた時の千紘の笑い声。

こわーい。

千紘が嫉妬でわめいてるところも、こわーい。

佐和真中さん、こわーいwww

ヒロインは、千紘に襲われた記憶を思い出してはまた、記憶を失い・・・ってのを繰り返しているみたいです。

記憶を失うっていうか、記憶を失わされてる?

本編最後のトラックの、千紘の言葉!

「次に目を覚ます先輩が、俺を覚えているのだろうか。」

ひょえ~。

そんでもって、 happy birthday to you~♪を歌って静かにフェードアウト。

おおおお~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

執着eye2の特典の感想

アニメイトの特典を聞きました。

あれ?トラック1が再生されてる?と一瞬、勘違いしてしまいました。

タイトルは「リロード」

ヒロインが思い出しそうになると、先輩しかいないって千紘がすがりつきます。

最後「もうこれ以上、何も思い出さなくていい。」と言うんです、こわいっ。

幸せにするから、俺だけをずっと見ていてねって。

「執着eye」というタイトルにピッタリの、お・わ・り・か・た☆(あまりの怖さに、聞いてる私が壊れた)

本編、特典、両方を一気に聞きました。

なるほど。ヤンデレは、こんな感じなのか。

聞いた後の、この何とも言えない感覚。

ヒロインはこれ以降、どうなっちゃうんだ!?

保科が異変に気づいて、助けに来てくれたりするかも。

とか、考えてしまいました。

どこかに救いを求めてしまう私がいます。

ヤンデレは、そういうことじゃないんでしょうね。

千紘がヒロインを彼女にできて、一緒に暮らせている。これがハッピーエンド。

めでたしめでたし。

そういう風に楽しめばいいのかな(汗)

何とも言えない余韻が・・・。

あ、キャストコメントだ!

締めとしてキャストコメントを聞こう。

ピッ (再生ボタンを押す)

「今お腹の音がなっちゃった気がする」

www

よし、気持ちが整った。

ふ~。

ヤンデレを聞き終わった後には、私の場合、何かしら気持ちを浮上させるものを聴かないといけないようだ。

とはいえ、たまにはこういう刺激的なのもアリだな。

面白かったです。

>>それはささやかな恋のはじまり 高浪隼人の感想(声:佐和真中)

>>Beat♯Mix vol.2 早瀬智紘の感想(声:佐和真中)

【2019年8月17日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

シチュエーションCD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました