0から始めるオフィスラブ14話の感想

亜花梨のお姉ちゃんは、見た目が亜花梨そっくり。

双子じゃないの!?と思うくらいにw

妹思いのような、口うるさい保護者みたいな。

【知らなきゃ損】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

初めての人は1ヶ月無料だったり、一定の条件を満たした対象者の人は、2ヶ月間199円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは0から始めるオフィスラブ最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

亜花梨のお姉ちゃんは、弁護士なんですか~。

四ノ宮を見ている表情が・・・

睨みつけてるわけではないですけど・・・

冷ややかではありますね~。

四ノ宮は、キラキラモードでお姉ちゃんに挨拶。

その四ノ宮のパーフェクトスマイルを目にすると、お姉ちゃんが厳しい表情になりまして。

睨みつけ始めました。

亜花梨のお姉ちゃんは四ノ宮を遊び人だと決めつけます。

亜花梨がキレまして。

つい、四ノ宮が上司である事を言っちゃった~。

四ノ宮の素性が分からない時は睨みつけるだけだったのに、上司だと分かったら、四ノ宮の胸ぐらを掴んで追い出しまして。

お姉ちゃんの横暴な態度に、亜花梨は激怒。

荷物をまとめ始めました。

家出ですw

家に帰った四ノ宮は、めちゃめちゃ落ち込んでますね~ww

礼儀正しく挨拶しただけで、あの仕打ちですから。

亜花梨が家を飛び出して向かったのは、四ノ宮の家でした。

事前に四ノ宮に、今から行くとか連絡をせず、いきなり押しかけたんですねw

まだしょんぼりしている四ノ宮。

怒りに任せて勢いで飛び出して来たって感じの亜花梨ですが、四ノ宮のテンションの低さに、我に返りまして。

亜花梨もしょんぼり。

すると四ノ宮が優しく微笑み、亜花梨を歓迎します。

さっきの続きがいっぱいできるって言ってますよ。

次のページでは、TL漫画だったっけ的な事がおこなわれまして(むふふふふ)

亜花梨にとっては2回目。

四ノ宮の甘い声や優しい手つき、熱っぽい視線、そして自分の反応にも目を向ける事が出来た事で、亜花梨が恥ずかしがっています。

しかし、四ノ宮が嬉しそうに笑うから、恥ずかしいとかがどうでもよくなってしまうんですって~(ニヤニヤ)

四ノ宮は亜花梨を後ろから抱きしめます。

甘々ですよ(ニヤニヤ)

亜花梨のお腹が盛大に鳴り響きます。

四ノ宮がご飯を作るそうで。

スパダリ~。

亜花梨のために作ったのはパスタで。

彼シャツも経験して。

また、むふふ~な事にもなって。

楽しんでますね~ww

会社の女性に四ノ宮とデートしているところを見られた件ですが・・・

女性は四ノ宮の事が見えてなかったようです。

ひとまず安心する亜花梨。

四ノ宮と亜花梨は仲良くしてるわけですけども。

亜花梨のお姉ちゃんの件は、何の解決もされてなくて。

解決に動き出そうともしてませんね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0から始めるオフィスラブ最新話の感想や結末のネタバレが続きます

亜花梨のお姉ちゃんは木の陰から2人を見ています。

四ノ宮の家が高級マンションな事に驚いてましてww

亜花梨のお姉ちゃんは四ノ宮が亜花梨の上司だということしか知りませんからね~。

四ノ宮に関しての素行調査の報告書が上がってきます。

それを見て、ビックリのお姉ちゃんww

わなわなと震えてますよ。

亜花梨のお姉ちゃんが四ノ宮がとんでもない男だと知ったところで14話終わり。

ハイスペックという意味でのとんでもない男、なのか。

何か問題があるのか。

申し分ない人だと分かって手のひらを返したりするのかな~ww

どうなるのか気になりますw

>>0から始めるオフィスラブ15話の感想

>>0から始めるオフィスラブ13話の感想

【知らなきゃ損】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画の感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました