かわいすぎる男子がお家で待っています4巻の感想

麗央と遥希がとうとう・・・(ニヤニヤ)

そうなると、麗央の家族に、挨拶を済ませた感じになってますね~。

関係が変わっても、いつもみたいに、あははって笑い合ってる2人がめちゃくちゃかわいかったです!!

【知らなきゃ損】

知って驚いたんですけども。

Amazonの読み放題がキャンペーン中でして。

対象者の人は、3ヶ月間99円で登録できるそうです。

安すぎる価格!

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはかわいすぎる男子がお家で待っています4巻のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

麗央の家族に歓迎される遥希w

麗央のお母さんと遥希が話しているのを聞いて、遥希が笑うんですが・・・

そんな遥希を見た麗央と麗央の弟と麗央のお母さんがほわっとします。

家族が同じ反応。

仲良し!w

遥希の方も、麗央の家族に好印象を持ちました。

麗央の弟が、麗央と同じように、見た目にとらわれず接してくれたから。

いい感じですね~(ニヤニヤ)

麗央が遥希の頭をなでなで。

部屋で2人きりの時に!?

どういう展開になるのかとドキドキしてたら、麗央の弟がやって来ました。

残念w

麗央の弟は、遥希の気持ちに気付いてまして。

麗央の何がいいか聞きます。

遥希の答えは・・・

好きすぎて分からない!?

そうですか~(ニヤニヤ)

そういう段階まで、好きな気持ちが育ってるんですね~(ニヤニヤ)

麗央の方ですけども。

遥希への気持ちを改めて考えてみています。

一緒にいて楽しいけど、恋愛対象として見られるか分からない、と。

麗央が男性に電話で誘われます。

遥希が上目遣いで、じっと見てまして。

行かない?って控えめに聞いてる様子が、めちゃくちゃかわいいです。

もうすぐ麗央の誕生日。

ファッション関係のプレゼントだと、普段から見繕ってるから新鮮味も無いしって事で、誰かに相談しようと思うんですが・・・・

交友関係が激せま問題が発生ww

麗央が、遥希の事を恋愛対象として見られるかどうかが分からないまま、しばらく物語が進んでいきます。

その悩みに、ピリオドが打たれる時がやって来ましたー!!

飲み過ぎでつぶれてしまった遥希が、麗央に・・・キス!!

笑顔で、誕生日おめでとって言って、眠ります。

目が点になる麗央。

記憶があいまいで、現実なのか幻なのか、遥希は混乱します。

なぜなら、麗央の態度が普通だから。

遥希の前では普通だった麗央ですけども、1人になると頭を抱えてますw

やっぱり麗央は、遥希の前だとあっけらかんとしていて。

昨日のあれは誕生日プレゼントかとって言って笑います。

しかし、数コマ後に、赤面w

逃げ出そうとします。

遥希としては、プレゼントになるって事がうれしいようで、期待した表情になってますね~(ニヤニヤ)

そして、もう1度プレゼントをあげます。

今度はほっぺに(ニヤニヤ)

かわいいですね~。

遥希は、そのプレゼントの威力に、よろけますw

この状態だともう・・・

遥希の事を恋愛対象として見られるか分からないって言えるわけなくて(ニヤニヤ)

麗央は遥希を後ろからフワッと抱きしめて、付き合ってと告白。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かわいすぎる男子がお家で待っています4巻の感想や結末のネタバレが続きます

遥希はめちゃくちゃ喜び、抱きつきます。

かわいい!

2人の笑顔が、すごくいい!!

ヨメが彼氏になったそうで(ニヤニヤ)

麗央が遥希にハグするシーンがあるんですけども。

好きかもって気付いて良かったと言って、遥希が麗央を抱きしめ返します。

遥希に一件の新着メッセージが届いたところで4巻終わり。

とうとう、彼氏彼女になりました~(ニヤニヤ)

次も楽しみです。

>>かわいすぎる男子がお家で待っています3巻の感想

【知らなきゃ損】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました