結婚できないにはワケがある25話の感想

光央は、穏やかな性格をしてるんだな~と思いました。

以前は不安定で、みちゅこがいなくなったら取り乱していましたが。

今では一緒に悲しんだり苦しんだりしてくれるまりこがいて、心が安定してるからかな(ニヤニヤ)

【2020年9月21日 記】

Amazonの読み放題で、どんな漫画が読めるのか見てみたら・・・

買おうかどうか迷ってたランキング上位の、今人気のTL漫画がある!(驚き&喜び)

え!うそ!?

・・・マジですか。

>>Amazonの読み放題へ

TL漫画好きには、大満足のラインナップです。

読み放題の中にある漫画って、しょぼいイメージがあったんですけど。

ごちそうが並んでました!w

家に引きこもって、TL漫画ざんまいじゃ~www

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは結婚できないにはワケがある最新話のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

気持ち悪い表紙!ww

魔王が現れた、みたいな。

シルエットが怖い。

伸びた髪も怖い。

目が光ってる!?

中身ですけども。

みちゅこの変わり果てた姿を見た光央。

ガチギレしてもおかしくない状況です。

しかし・・・

まず光央は目を見開きました。

そして震え出します。

目は見開いたままで。

次のページ。

光央はクラっとしました。

後ろに、のけ反っています。

足元を見ると、つま先立ちw

手も表現力が豊か!

フィギュアスケートだったら、芸術点がさぞかし高かったことでしょうww

隣のコマでは、古典的な漫画の表現が出てきます。

昭和チックw

光央は倒れてしまいました。

まりこに肩を揺すられて、光央の頭が5つに!?

そして、光央は気絶。

泣き叫ぶまりこ。

床に放置されたみちゅこは、とんでもなく気持ち悪いですww

光央には、とりあえず枕と掛け布団を。

みちゅこはタオルでぐるぐる巻き。

まりこはみちゅこを連れて、ファンシーショップへ。

新しいみちゅこを買うために!

変わり果てたみちゅこを店員に突きつけて、同じ人形が欲しいと伝えます。

現在、取り扱いは無し。

いろんな店を周りますが、成果は無し。

途方に暮れるまりこ。

陽が沈む時間となりました。

みゅちゅこを膝に乗せて、まりこはブランコを楽しみます。

あまりに怪しすぎましたw

あまりに不気味すぎました。

目撃した近所の人は、さぞかし怖かったでしょう。

もしこの様子を見ていた子供がいたとしたら・・・

公園に行けなくなるほどのトラウマになったんじゃないかなw

まりこは職質されます。

身分証を出しましてw

身分証を見ても、婚約者がいると言っても、さらに不審に思われるっていうww

光央が迎えに来ます。

あれから復活したんですね!?ww

まりこを優しく見つめる光央。

しょんぼりしているまりこの手を引いて、微笑んでいます。

あんなに大事なみちゅこを、こんなにしたまりこに怒ってないなんて・・・

気絶するほどショックを受けていたのに、そんな穏やかな表情でいるなんて・・・

まりこは、みちゅこがなぜこんな姿になってしまったのかを話します。

すると光央は、照れた感じで口を覆いながら、まりこを失いたくないって!(ニヤニヤ)

みちゅこの姿に関しては、見慣れればたいしたことないと言ってます。

本当に!?ww

まりこは、光央が心配して大事にしてくれるという事が、じーんとしたようで。

子供の件について、まりこは気持ちの整理を付けました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結婚できないにはワケがある最新話の感想や結末のネタバレが続きます

先の幸せより、今の幸せ。

光央がいてくれるだけでいい、と。

この問題については、これで解決って感じで、夕食の話に。

まりこは笑顔です。

光央の作る夕食を楽しみにしています。

最後のページ。

光央が作ろうって言い出しました。

夕食ではなくて、子供をw

ここで29話終わり。

光央の考えが覆りました~ww

押してダメなら引いてみろ。

まりこはそんなつもり無かったでしょうけどw

結果、そうなってた、みたいな。

カウントダウンが、あと37日となっています。

続きが楽しみです。

>>結婚できないにはワケがある26話の感想

>>結婚できないにはワケがある24話の感想

【2020年9月21日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました