こいいじ10巻の感想

完結したんですね~。

もしかしたら、悲しい終わり方になってしまうのかと思いましたが。

ハッピーエンドでほっとしました。

よかった~(安堵)

巻末の『あとがきカフェこいいじ』も閉店ということで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからはこいいじ最終巻のあらすじや結末のネタバレを含む感想です

こいいじ 1巻

こいいじ 1巻

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

こいいじは全10巻となりましたね~。

史上最速ペースだそうですww

志村貴子さんにとって、全10巻が4年で最速。

へ~。

『放浪息子』という漫画は全15巻で10年かかった、と。

それから『青い花』は全8巻で9年。

15巻を10年で、8巻を9年だと言われたら、10巻を4年って確かに速い!!

比べると、よく分かりますw

左のコマに四角で囲まれた『淡島百景1~2』という文字がありまして。

これは何かな?と検索してみたら・・・ww

『淡島百景』の1巻が出たのが2015年。

そして2巻が出たのが2017年。

3巻が、つい最近(今月)に出たばかり。

なるほど~ww

4年で3巻なわけですね!?

こいいじは、同じ4年で10巻なのに。

あとがきには、こいいじのタイトルについても書かれています。

表記はひらがなですけども、漢字にしたら、恋意地。

このタイトルのおかげで「意地」というくくりで描けた、と。

執着とか後悔とか、登場人物たちがそれぞれ大変そうでしたが、最後、まめの笑顔で終わりましたから。

優は、春子の日記をまめと一緒に読みます。

聡太のモノローグで「まめが愛しいんだ」もありまして。

まめと聡太は、帰り際にキス。

店がオープンして、まめの笑顔と「春さん ただいま」で、めでたしめでたし~。

甘々が大好物なので、この後が読みたいな~と思ってしまいました。

ハッピーエンドのその後の話を。

漫画を読みながら、ニヤニヤしたい人種なので。

人種って!ww

ニヤニヤきゅんきゅんするために漫画を読んでいると言っても過言ではない。

なので、まめと聡太がイチャイチャしてるところをもっと見たかったです。

終わってしまったわけですから、勝手に甘々モードの2人を想像して、ニヤニヤすることにしますww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こいいじ最終巻の感想や結末のネタバレはここまで

平成最後っていう文字を多く見かけるようになりました。

平成も、残すところあと1ヶ月ちょっと。

だからって特別何かをするわけではないですけどもww

私としては、元号が変わるどうこうよりも、漫画の新刊は出るのかとか、発売日はいつなのかってことの方が気になります。

あ!元号よりも気になる事がありました。

漫画と元号は関係無いですけど、漫画と消費税増税は関係ありまくり!

イタタタ~(痛)ですけども、読むペーシは変わらないんだろうな~ww

漫画が面白い限りは。

もうすぐ3月も終わりで、新年度ですか。

桜もちらほらと。

冬に逆戻り!?と思うくらい寒い日がありますが、ぽかぽかの日もあって。

それよりなにより、漫画の配信が楽しみだ~♪

【2019年8月17日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました