青楼オペラ6巻の感想

いいぞーもっとやれ~がたくさん詰まった6巻でした。

甘々イチャイチャだけじゃなくって、相変わらずの光景もあったり。

憎まれ口は、健在ですww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは青楼オペラ最新刊のネタバレを含む感想です


青楼オペラ 6

↑読むには「試し読み」をクリック↑

惣右助は、堂々と茜の前に現れます。

かっこよくて、ドキドキです。私が。(茜もでしょうけどw)

惣右助は、やっぱりすごいんですね。

お金も持っていますけど、賢い。

強力な味方を引き連れて、茜に会いに来たのですから。

茜もすっかり惣右助に惚れ直した様子www

無理もありません。こんなにかっこいいことされちゃあね。

二人きりになってからのいちゃいちゃ。

読んでいてニヤニヤが止まりませんw

寒がる茜の足に、息を吹きかけたり、 甘露梅をあげて「美味いか?」って微笑んだり。

添い寝しろって言ったり、抱き寄せたり。

惣右助の好き好き攻撃に、読んでる私が落とされそうwww

驚いたのが、二人の出会い。

惣右助が1巻で最初に出てきた時が、茜との初対面だと思っていました。

しかし、違ったようです。

惣右助と茜が出会ったのは、茜がまだ武家だった頃。

惣右助は茜の家に行ったことがあって、そこで茜を見て、もみじの赤と茜が目に焼き付いた、と。

その頃は、惣右助がいくら思っていたって、武家の娘と、どうにかなることはない。

それが今では、こうしてそばにいられる。

一生こうしていることはできないけれど。

今だけだったとしても、十分だって惣右助は思っています。

健気~!!

月と例えたりして。詩人~ww

一度は突き放した惣右助が、こうして戻ってきた。

茜も覚悟を決めたのかな。

逃げたりすることなく惣右助とイチャイチャします。

路地裏でwww

忙しくてなかなか会えない間も、惣右助からお菓子をもらい、茜が文を届けようとしたり。

惣右助に膝枕をしてあげる茜。

眠っている惣右助の頭を撫でています。

まあ! 仲良し!w

でも、二人のお別れの日は、そう遠くないって!?

えー!嫌だー!

誰か何とかしてー!!w

スポンサーリンク
スポンサーリンク

青楼オペラ最新刊の感想とネタバレはここまで

惣右助の茜への愛が止まりませんww

こっちは読んでいてニヤニヤしっぱなし。

いっぱいキュンキュンさせてもらいました。

肝心の茜の目的ですが、惣右助のおかげで強力な味方を得られ、大きく前進。

目的達成が目前に!?

でも、そうすると惣右助とイチャイチャできなくなってしまうわけで・・・。

しかし、目的は果たしたいし・・・。

そこのところをどうしていくかが、気になります。

ワクワクどきどき♪

次巻が楽しみです!

>>青楼オペラ7巻の感想

>>青楼オペラ1巻から5巻までの感想

【2019年11月16日 更新】

Amazonの読み放題の状況を確認しました。

今現在も、まだラインナップに『無敵恋愛S*girl Anette』があります。

つまり、『才川夫妻の恋愛事情』が読めるということ!

TL漫画好きにとって天国の状況が続いています(にっこり)

バンザーイww

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人と女子のいいとこ取り
タイトルとURLをコピーしました